フランスにも花粉症ってあるの?何花粉?

先日、なんか熱っぽくてだるい、少しぼーっとするけど
鼻水は粘性を持っていてアレルギーじゃない感じ。
という日が二日ほど続きました。

そして、来たのです。
目がかゆくなり、サラサラの鼻水が止まらない症状が(笑)

そう、花粉症の症状が出る直前って
風邪っぽいんですよね。
フランスに来てスギ花粉に出会わないから忘れてました、
毎年3月くらいに、おお、いよいよか。と感じていたことを。

でも、こちらではあまり杉を見かけないんです。
なんだろう、なに花粉かなって思ったら
この季節、毎日こんなに目にしているこれ、花粉なんです。
土やほこりじゃないんです(笑)

  

信じられないかもしれませんが、花粉です(泣)

これはプラタナスという街路樹の花粉です。
AKB好きの人はすずかけの木という名を覚えているかもしれません。

 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら
 僕たちの関係はどう変わってしまうのか、
 僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
 

のすずかけの木です(笑)

  

実際かわいいんですよね。
暖かくなると葉も青々と茂り美しいし。
でもね、パリの人、植えすぎましたよ、多分。
パリの街路樹の割合は
プラタナス約40%、マロニエ15%、菩提樹10%、エンジュ9%、、、
長期滞在でアレルギー性鼻炎持っている人は気をつけないと、です。

そして病院に行ってきました。
こちらに駐在する日本人(およびその家族)は、だいたい同じ病院に行きます。
パリ郊外のアメリカンホスピタルです。
ここには日本人の先生がいるので、とても助かります。
少し高いですが、病気の時は母国語が本当にありがたいです。
で、処方していただいた薬がこちら。

 

飲み薬、鼻のスプレー、目薬。ありがとうございます。

ちなみにセビリア行ったらプラタナスないやろ、って思ってたら

 <

めっちゃでかいのありました(笑)

コメント