パリで担々麵を作るレシピ

担々麵、っておいしいですよね。


銀座松富のだんだん麺、
秋葉原雲林坊の担々麵が大好きでした。


風邪ひいたときとか、温まるし、
コクと辛さがクセになります。

パリでまだ美味しい担々麵に出会えてないし

外食は何かと高いので作ってみました。

すりごまが高いので、ゴマダレで代用
豚のひき肉売ってなかったので生ソーセージで代用(笑)
《ゴマダレを使ってコクと辛みの担々麵》

調理時間 : 30分(スープのみ 《3》の状態で)

冷蔵保存 : 3日間


材料

温州麺…160g

生ソーセージ(cipolatta)…200g(切れ目を入れて開く)

にんにく…1かけ(みじん切り)

しょうが …2かけ(すりおろし)

ごま油 …大さじ1

豆板醬 …大さじ2
モヤシ…50g

a みそ…大さじ2

a 鶏がらスープの素…小さじ1

a 水…500cc

b ゴマダレ…大さじ3

b 白ごま…少々

b しょうゆ…大さじ1

パクチー (corriandre)…お好みで

青ネギ (ciboule)…お好みで

作り方

1.フライパンにごま油、にんにく、しょうがを入れ、弱火で炒める


2.香りが出てきたら生ソーセージを開いてひき肉を入れる

 ぽろぽろになるまで炒める


3.豆板醬とモヤシを加えて炒め、豆板醬の香りが出たら《a》を加えて沸かす

 煮立ったら《b》を加える
 沸くとアクが出てくるのですくいましょう(だいたいで大丈夫です)

4.パクチーは3cm程度に切って水にさらす

 青ネギは小口切りにする


5.たっぷりのお湯で麺をゆでてざるに上げ、水気を切る


6.《3》のスープを温めて器に盛り、麺を入れ、パクチーと青ネギをのせる

ポイント

フランスのしょうがは繊維質が強いのですり下ろしました

(すりおろしはmicro planeが便利です)

豚ひき肉はソーセージを開いて使いましたが、ひき肉が買えればひき肉で大丈夫です

 麻婆豆腐のときにはラムのソーセージ(Merguez)を使っても美味しいです

今回、麺は中華スーパーで買った温州麺を使いましたが、

 稲庭うどんや中華そばでも大丈夫です


あとがき

いかがでしょう。
わかりづらいところ、こ
れどこで買うの?など
質問があればお気軽にコメントください。

先週からパリは毎日夕立です。
皆さまも風邪ひかないようお気をつけ下さい。

コメント