うちの奥さまのポジティブコーチングは最高!全妻におすすめ

うちの奥さまは控えめに言っても素晴らしいのですが(笑)とくに、だんなを育てる・促す発言が素敵です。
ぜひ皆さまも生活の中に取り入れてみては?

用法:ほめる「いいねいいねー」

夜ごはんのメニューとか、休みの日の予定を提案した時の答えは基本的にポジティブ。
まずはいいね!から入る。
もし、ほかのメニューに変えてほしい時は「それもいいし、韓国料理も食べたいね」などという提案も併用できます

素晴らしすぎる

用法:ほめる「すばらしすぎる・完璧や」

良かったらほめる。ほめちぎる。関西弁にすると妙な親しみがわきます。
(奥さまは韓国の子ですが、時に関西弁 笑)

だんなは何でも知ってるねー

用法:おだてる「すごいねだんな、だんなは何でも知ってるねー」

洋服の片づけ場所とか、買い置きしてある化粧品の場所を教えてあげたとき、奥さまがお茶を欲していたら淹れてあげたとき。「だんなは何でも知ってるねー」
そうありたいと思わせる、ポジティブなイメージづけです。

天才じゃない?

用法:ほめる「すごいねーだんな!天才じゃない?」

たとえば、部屋のレイアウトを変えたりしたら、まずほめる!しかも徹底的に。
だんなは努力が認められてとてもうれしい(笑)
また新しいアイデア・改善を考えようと思う

つづけたまえ

用法:促す「素晴らしい、つづけたまえ~」

気まぐれで、奥さまの足裏をもみ始めた時とかのせりふ。
このふざけた感じでいわれると、続けざるを得なくなる。
「いいねいいね、つづけたまえ」この組み合わせは鉄板。

お茶のみたいね

用法:リクエスト「だんなさま、お茶のみたいね」

これの元ネタは「正義の味方」というドラマ。

田中好子さんがだんな役の佐野史郎さんに「お父さん、お茶のみたいね」って言ってお茶を入れてもらうセリフです。
お茶が飲みたい、じゃなくて、飲みたいね。と言ってあたかも共感しているように誘導して淹れてもらう。

出来たりする?

用法:リクエスト「時間があるときにシーツの洗濯できたりする?」

なにかをリクエストするときのせりふ。こんばん酢豚が食べたいのだけど、できたりする?

食べたい!作って!というよりできるかどうかをだんなの判断にゆだねることにより
モチベーションづくりにもつながる。

だまされたと思ってやってみたら?

用法:背中を押す「だまされたと思ってやってみたら?」
踏ん切りがつかないときのアドバイス。新しいことを始めるときって、ためらうから、だまされたと思って、と、軽い気持ちにするアドバイス。恐れずに始めることって大事ですもんね。

機嫌悪い?

用法:機嫌を直す「だんなさま、きょう機嫌悪い?」
しばらく前、自分が変に機嫌悪い時がありました。そのまま二人の空気が悪くなる流れに任せることもできるけど、奥さまのこの言葉で救われました。
あ、そうだな、機嫌悪いな。直さなきゃ、と冷静になりました。

まとめ

そう、奥さまは常にポジティブな発言をするようにしています。仕事でチームマネジメントとかするし、今や若いフランス人とかを励ましてなだめすかして育てる奥さま、さすがです(笑)
夫婦もチームですからね。互いに励まし、声を掛け合って暮らすと楽しく暮らせると思います。
だまされたと思ってポジティブコーチング、試してみたら?
タイトルとURLをコピーしました