STATION Fを設立したXavier Niel氏って誰?

STATION Fについて調べていたら気になったのが
創設者のXavier Niel氏です。
ちょっと長くなるけれど興味深い人なのでお付き合いください。

Xavier Niel氏とは

Xavier Niel氏はフランスの通信グループIliadのCSO(最高戦略責任者)。
フランスのブロードバンド・携帯電話の
価格破壊を起こしたfreeの創業者としても知られます。
(free mobileは19.99€/月の携帯電話会社。
身分証も不要でクレジットカードさえあれば契約できます。)

2017年には、Vanity Fair France紙の
世界で最も影響力のあるフランス人1位に選ばれました。
ちなみにパートナーは
LVMH社長でフランス1の富豪Bernard Arnault氏の娘、Delphine Arnault氏。
先日読んだ高城剛さんの本でも書かれていたけど、
本当に富に美がついてくるんですね。

Iliadってどんな会社?

Logo-ILIAD

Iliadはインターネット通信サービスのfree
free mobileなどの会社を傘下に持つグループ会社です。
時価総額が11,506.95M€。
(2018/6/29現在のレートで1.5兆円:丸紅・電通くらい)

2014年のソフトバンクによるT-mobile買収劇の時、
ソフトバンクと競合したことで日本でも報道されてたので
知っている人もいるかもしれません。

free mobileは?

logo_free

free mobileはフランス第3位の携帯電話会社。
2018年6月現在シェアは19%。
電波のカバレッジのためにアンテナを設置するスピードも
孫さんをほうふつとさせます。

2012年に人口のカバレッジが27%
2015年に75%そして2018年一月には90%。

シェアも純増していて
2012年に8%だったところから2013年に12%に14年に15%、
そこから年1%ずつ増えて2017年末の時点で19%に達しています。

Xavier Niel氏の経歴

最初の起業は1986年、19歳の時。

Minitelというビデオテキストオンラインサービスを用いたデーティングチャットでした。

1994年に3人の友人とフランス初の
個人向けインターネットプロバイダーサービス(World-NET)を創業。

1999年にfreeを立ち上げ

2002年にfreeboxを用いた
個人向けブロードバンドの低価格パッケージ(29.99€/月)を開始。
これまでの企業の価格設定を破壊する価格でした。

freeboxはインターネット・電話・テレビが使えるトリプルサービスボックスです。
(29€のパッケージには、81のテレビチャンネル、
 フランス国内および米国を含む14カ国への利用無制限のVoIPによる通話と
 高速インターネット接続が含まれています)

2009年に有名な歌、マイ・ウェイの権利を取得。

2010年に Jeremie Berrebi氏とともに Kima Venturesを立ち上げました。
年間50-100のスタートアップに出資することを目的としています。
実際に彼らは2010年2月から2014年8月の間に330社に出資しました。
ビジネスインサイダー紙は彼らを世界で最もアクティブなエンジェルとも表現しています。

同2010年にフランスの大手紙LeMondeの株式を買収し、
経営のボードメンバーに加わります。
(イブサンローラン美術館を創立した Pierre Bergé氏も名を連ねていました)

2012年にFree mobileを立ち上げ。
29.99€で電話・テキストメッセージ・3G/4G回線のデータ通信を提供し始めます。

2013年”42”という名の無料のテックアカデミーを設立。
18-30歳の若者が情報技術のプロとなるための教育を目的としています。

2014年モナコの通信会社モナコテレコムの株式を4.45億ドルで買収

2016年に”42”の2つ目の施設をアメリカのシリコンバレーに設立。

2017年世界最大のインキュベーション施設STATION Fを設立。

これから

Xavier氏はまだ50歳(写真だともう少し歳を感じますが 笑)。
これからもっと精力的に動いていくと思います。

日本であまり報道されていないし、
ましてや本も出ていないので、誰か出さないかなぁ。
英語の本も見つからず。。

STATION Fの立ち上げまで絡めた本が出たら、売れると思うんです(笑)

コメント