パリからアルザス・コルマールへの音楽祭旅行記(1泊2日)

アルザス

 TGVでパリからコルマール

早起きをして今日はコルマールに向かいます。
パリ東駅(Gare d’Est)朝7時44分のTGVでストラスブール駅に9:43着。
1時間乗換え待ちをしてコルマールに11:30の予定。

Oui.sncfというAppがとても便利です。
250€支払うトラブルもありましたが予定通りにコルマールに到着。

Booking.comで見つけたアパートホテルがかわいい

片付け前の部屋に荷物を置かせてもらい
おすすめのレストランもきいてから街に出ます。

このアパートホテルはとてもかわいかったので
こちらに写真をまとめました。

コルマールもワインの町=きれいないい街

コルマールは街全体がかわいい。
屋根が切り妻型で、構造の柱や梁の間を漆喰で埋めた建物が多いです。
これは、木組みを意味する”コロンバージュ”と呼ばる様式。

いいワインを作っている町は、街がきれいなんですよね。

ワイン造りってお金がかかるので
(収穫して売れるまで時間がかかる)
豊かな人がやる商売です。

必然的に、街がきれいで
美味しいカフェやレストランがあったり
文化のレベルが高いです。

シャブリランスの美しさもそこからくるのでしょう。

コルマールの安心食堂Le Fer Rouge

  

初日のお昼ご飯は
綺麗な街角にある大きなお店Le Fer Rouge

ここはホテルのお姉さんがおすすめしてくれたところ。
値段も手ごろでとてもよかったです。

マルセルダイスのワインを買うならココ:le sommelier

食べ終えていい気持ちになり
アルザスワイン街道っていう本で見つけた
le sommelierというお店に行きました。

試飲させてくれたワインはマルセルダイスさんのピノグリ。
美味しかったので二本だけ買いました。

会計してたらマルセルさん、知ってる?
って聞かれて
もちろん、彼は日本でも有名だよ!って言ったら
うちの奥さん、マルセルダイスの娘で、さっきいたのが彼の奥さんだ。
と言われてびっくり。

ときどきいらっしゃるみたいです。

コルマール一のパティスリー GILG

同じ本に載っていた
パティスリーGILGにも行きました。
ここはクグロフとか美味しいよって評判。

奥さまが知り合いから
クッキーとエクレアが美味しいと勧められたのですが
エクレアは売り切れていて残念。
クグロフとクッキーを買いました。

あなたが寝てる間に~夕食の買い出し~

宿に戻り
シャワーを浴びていったん仮眠。

その後、夕食を食べに出るという約束なのですが
奥さまは外に出る元気がないようなので
わたくしが買い物の命を受け、出発。

だんなひとりのコルマールツアー

目指したのはSuzanneというワインショップとデリのお店。
イートインもできるそう。

ですが、道中になんとも魅惑的な看板を発見。
ワインのドメーヌポップアップ?!
これは行かない手はないです!

なんとここではワインが2€から。
すでに結構飲んでいるけど、飲むでしょう。
ということでリースリング一杯いただきました。

フレッシュで美味しかった。
なにより、街の人が飲んでいる中で飲める感がすごい良かった!

Sézanneは最高すぎたので別ページに。
コルマール来たら絶対行くべきお店です。

6本のワインが入った段ボールを抱えてスーパーCasinoへ。
ここではプチトマトを買いました。
お酒飲むと野菜食べたくなる歳です(笑)

抱えきれないほどの荷物で宿に帰ります。
バタバタしてたらもう8時。
急いで夕食です。

全部おいしかった!

9時からのコンサートが差し迫っているので
サクッと食べて準備をして出かけます。

コンサートはもちろん最高

古い教会でのコンサートは最っ高!!!!感想はこちら

楽しい気分で帰ります。

二日目の朝はマルシェから

翌日は朝早くに目覚めました。

奥さまと一緒にマルシェへ向かいます。

ふらふらコーヒー飲みたいね、ビールもいいねとか言ってたら
陽気なおじちゃんが
コーヒー?ビールか?こっちおいで。
と案内してくれるので、ついていきました(笑)

そしたら、ここがまた素敵。
川沿いのテラス席です。
インスタ映えに奥さまも満足(笑)

ビールとプレッツェル食べました。
いい時間だったなぁ。

お昼ご飯は川辺のLe Comptoir de Georges-Restaurant

  

お昼は、昨日のとことは違うとこを試したい、と
Le Comptoir de Georges-Restaurantに行きました。
ここも川沿いのテラス席。

僕はキッシュロレーヌ
奥さまはシュークルート
そして炭酸水。

本場のキッシュロレーヌは生地が緩くけっこうクリーミー。
美味しかったです。。

シュークルートは昨日のお店の方が美味しいです。
キャベツの発酵具合はいいんだけど
お肉が煮込みすぎか、少しぱさっとしてました。

でも、全体的にとても満足、いいお店。

今日は二人でポップアップへ

ここから昨日のワインポップアップに。
ミュスカとゲヴェルツ飲んでいい時間。
きもちいです。
本当に贅沢な時間、豊かです。

ほろ酔いいい気分で友人にすすめられた美術館へ。

コルマールでお財布をすられるの巻

でも、道中でアクシデント
奥さまが、あれ、財布がない。
さっきなんか変な感じして、カバンが軽くなった気がする。と

やられた、すられました

宿に財布忘れたかもというわずかな期待をもとに、戻るものの
どこにもありませんでした。

そこからカードの停止作業に。

LCL銀行・アメックス・UCカード。
アメックスさんも、UCさんも、
再発行したカードを日本から送ってくれるんですって。
なんたるCS!
ありがたいことです。

ホテルの人に警察の場所も教えてもらったのだけど
出てくることはほとんどないので
開き直って、昨日残したワインを飲むことに!

いい思い出を増やすしかない

旅行を終えての気づきと自己満足

行きの電車でも、街中でのスリでも
海外での道中はアクシデント起こりがちですが
ここで早く切り替えられるようになるのが
旅を楽しくするポイントかも知れませんね。

起きたこと、やってしまったことは仕方がない。
ここから二人とも空気を暗くせず、いい思い出を持ち帰ること。

今回はその点、奥さまのおかげもあって楽しい旅行になりました。

帰りのストラスブール駅で小腹がすいたという奥さまと行った
バーガーキングもいい時間。
みんな疲弊していなくてファストフードの店員さんさえ、
やさしかったです。

楽しい旅行でした。

行った場所のマップ、まとめたのでよければどうぞ

コメント