パリのお店はセールのステッカーもおしゃれ!

セールのお知らせをおしゃれに出せるか問題

先日、シャンゼリゼのBOSSを通った時に
セールのステッカーがおしゃれなのに驚きました。

セールって新規のお客さんが来るチャンスだけど
これまでいたお客さんが、
離れちゃうリスクもあるときかと思います。

僕もやっぱりセールが好きです。
でも、セールの掲示がおしゃれじゃない
お店の方向性が見えなくなって冷めることもあるんです。

でも、かわいいお店のお知らせの仕方はやっぱりおしゃれ。
これは家の近くの小さなセレクトショップ。
「セール」と書くよりもかっこいいのがくやしいです。

 

柄がかわいいパターン

こっちの二店舗はベースのステッカーの柄がかわいいパターン。
MANOUSHなんかは陳列する洋服とも柄がつながっていてすごいです。

 

ちょっとひねったパターン

このお店はいつも言葉づかいが美味いと思うのですが
暑くなってきたし、
夏アイテムを売るセールには最高なキャッチです。

SALE ON THE BEACH

こちらの二店舗は雰囲気作りが上手です。

左のお店はポップでまるでルイヴィトンのモノグラムグラフィティみたい。
AMOUR(愛)とかFRANCEの間にSOLDESって書いてます。

靴やカバンを扱う革洋品店ではそのアナログ感と紐づけて
積み木のようなSOLDESの文字。
色使いも含めてかわいいです。

  

もちろんボンマルシェさんは作りこんでます

最後にこちらは古き良きボンマルシェ。
こちらは感度の高いおしゃれな方向けにデザインを仕込んでいるのでしょう。
この柄の紙袋が欲しいくらい、素敵です。

 

もちろん、雑にSOLDESってシールを貼っているところもあります。
でもやっぱりかっこよく見えちゃうのは
フランスに対するあこがれなのでしょうか(笑)


#soldes2018

コメント