夏のパリではピクニックが一番・そして買い物リスト

パリに来て三年目
先日初めて、セーヌ川沿いでピクニックしたんですけどね
最高すぎました

パリって美食の街っていうけど
パリに住んでいるフランス人は外食ではなく
自炊とホームパーティが多いんです。

もしくは、夏はピクニック

わがやもずっとセーヌ川でピクニックしようと言ってきたのですが
何かと理由をつけてやってませんでした。

でもね、これがめっちゃよかったんです。
大きな機会損失(笑)

ほんとに手軽にできるし、ロマンチック。
おすすめです。

初日はパン屋さんでパン買って、
川沿いで食べました。

ベンチがあるし、船が通るのも楽しいです。
決してきれいではないけどトイレもありました。

8時から10時くらいだと
ちょうど夕暮れの変化がきれいです。


二回目は家でお弁当を作ってアンバリッド前の広場で。

ここは白装束で夜ごはんを食べる集まり(笑)をやっていた場所。
アンバリッドが見えるし
アレクサンドル三世橋っていうきれいな橋もライトアップしてる。
エッフェル塔が見えないながらも素敵なところです。

■持ち物
ワイン
ごはん(果物とかあるとなお素敵)

グラス(プラコップでも)
ワインオープナー(スクリューキャップや泡なら不要)
ウェットティッシュ
敷物(洋服屋の紙袋とかで十分だと思います)

芝生でピクニックするなら、買い物はこんな感じ。

エコールミリテール駅前のカルフールで
プラスチックのコップと500mlのボルビック二本・ウェットティッシュ。
隣のナチュラリアでプチトマト。

クレ通のBacchusで白ワインを買って冷やしてもらって
そのあいだにJeusselinでラタトゥイユと生ハムとかを見つくろう。



角の八百屋さんでチェリーを買うのもいいなぁ。

10分もするとワインがしっかり冷えてます。
そのまま通りを進んでサンドミニク通りへ。
数々のコンクールで賞を獲っているNelly Julienでバゲットを一本。

まっすぐ進めば、もうアンバリッド前の広場です。
あとは、飲むだけ!(笑)

コメント