Hotel Le Mourice “Cédric Grolet” のアフタヌーンティーは70€

ワールドベストパティシエのアフタヌーンティー@ホテルムーリス

パティシエの友達が遊びに来たので行ってきました。

ワールドベストパティシエ2018
を獲得した

Cédric Groletさんのアフタヌーンティーです。

Le Mouriceという五つ星がパリにあるという伝説は嘘じゃなかったみたいで(笑)

チュルリー公園のすぐ横にありました。

初めてのホテルだったので予約も一苦労。

このページ
から予約できます。

アフタヌーンティーレストラン・ル・ダリというスペースでいただけます。

メニューでは60€と書かれていますが

実際に払ったのは70€

ホテルなのでいろいろ含まれるのでしょう(ざっくり 笑)。

パリに旅行に来た時にはおすすめです。

空間
のぜいたくさ、

フランスらしいケーキとコンフィチュール、

そしてCédric Groletさんの例のあれ

Découpe de la fraise 🔪🍓 #cedricgrolet

A post shared by Cedric Grolet (@cedricgrolet) on

五つ星ホテルには緊張

せっかくの五つ星なのでUBERで乗り付けました。

ドアマンの人に車のドアを開けてもらうと気分が上がりますよね。

レセプションで名前を告げると席に案内してくれます。

ぜいたくな空間ってこういうことなんだなって圧倒されました。

こんなところに泊まる人もいるんですよね、別世界

ご注文は、もちろんアフタヌーンティー(シャンパンなし 笑)

お茶の種類がたくさんあってしばらく悩みましたが

ミントの香りも入ったCasablancaという紅茶にしました。



紅茶はKUSUMIのものが多かったです。

このホテルのグランシェフ・アランデュカスさんも監修してますものね。



しばし待つと銀のポットに入ったお茶が登場です。

緊張して写真忘れました(笑)

お茶を飲んでようやく落ち着いてきますね。

大満足の三段アフタヌーンティー

アフタヌーンティーのセットは三段になっています。

一番下がフィンガーサンドイッチ4種類

真ん中がスコーン2種類

一番上がケーキ3種類です。

1段目、しょっぱいものからいただきました。

シャンパーニュあったら最高だけど、

一杯20€というのにビビりました。

サンドイッチは

ブリオッシュで生ハム(脂部分と赤身部分など数種類)

黒パンにスモークサーモンとクリームチーズ

カリッと焼いたパンドゥミにキノコのピュレとベーコン

バジルを練りこんだブリオッシュにバジルとトマトと黒ゴマ

キノコのピュレサンドが美味しかったです。

シャンピニオンデュパリをソテーするとこの香りが出るのですが

そんなものがサンドイッチに挟まるなんて!

幸せな瞬間でした。

スコーンは焼き立て、サクッとしてます。

焼き立てで美味しいのですが、

ペース配分するならこのタイミング。

2人で来てたら、ここは半分ずつでもいいかも

(持ち帰ることもできます)

マーマレードの粗さが絶妙です。

苦みを感じる絶妙な存在感がたまらない。

プレーンスコーン、ブルーベリーのスコーンの2種類で

ブルーベリーのスコーンはずっしりジャムが詰まってます。

考えてみると、あれが一番重かった(笑)

ベストパティシエのケーキが三種類!

いよいよ、3段目

朝食を控えめにして来たわれわれですが、この時点で腹六分。

今日のタルトはグロゼイユマクロー

西洋スグリと言われるらしいですね、フランス語だと鯖スグリ(笑)

青っぽくて筋が入っているところからでしょうか。

これは酸っぱくてプチっとしてて、とっても僕好み

クランブル(少し生っぽいクッキー)にフランボワーズジャム

フレッシュのフランボワーズとピスタチオのこの子は少し重いけど芳醇な味わい。

重たい生地と甘いジャムをフレッシュのフランボワーズが癒してくれます。

そしてセドリックさんの代名詞ともいえる

果物をかたどったケーキ

今日はイチゴでした。ヘタは本物です(笑)。

割ると中にはコンフィチュール。

このコンフィチュールも食感の残し具合が素敵。

触感はあるけど、芯はない、ぜいたくな感じでした。

ワゴンサービスでおすすめの焼き菓子も

食べ終えた後に、ワゴンの青年がいらっしゃって

ガトーバスクはいかがですか?と。

おなかいっぱいだけど、いただきましょう。

アーモンドプードルを使っているのか

サクッとして香ばしい、そしてプルーンはジューシー。

さすがにすべて美味しかったなぁ、いま思い出しても美味しい(笑)

宝石のようなケーキたち


 

パティシエの子と一緒だったので

ショーケースに並ぶ作品たちも見せていただきました。

さすが一つ20€を超えるケーキたち、宝石みたいですね。

なんというか、別世界(笑)

超ぜいたくでした。

アフタヌーンティーが好きな人が来たらまた行きたいな。

まぁ、一年に一回くらい


@cedricgrolet

ちなみにトイレはウォシュレット

久しぶりに会いました、嬉しかったです。

Restaurant Dali  Hotel Le Meurice

電話番号 01 44 58 10 10
 住所  228 Rue de Rivoli, 75001 Paris
営業時間 15:30-18:00 無休(アフタヌーンティー)
     12:00-14:00 日曜(ブランチ)

コメント