プロヴァンスの小さな村 La Rocque d’Antheron ラロックダンテロン

La Rocque d’Antheron ラロックダンテロン

この町の名前は初めて聞きました。

マルセイユ(知ってる!)からバスで1時間半くらい。

エクサンプロヴァンス(こないだ知った!)からバスで50分。

ほんとうに、何もない町です。

パリからラロックダンテロンは300€と4時間くらい

パリのガールドリヨンからTGVで3時間

エクサンプロヴァンスTGVからバスでエクサンプロヴァンスVilleまでバスで10分

エクサンプロヴァンスVilleからバスで50分

そこそこ時間はかかりますが

TGVも早めに切符をとれば一等席でも高くないし、寝ていれば着きます

エクサンプロヴァンスから乗るバスは30分に一本くらいの頻度。

この駅での待ち時間だけがしんどかったです、暑い(笑)

小一時間のバスはワイン畑やひまわり畑を見ながらぼーっとしてたら着きます。

道がくねくねしているので本を読むのはしんどかったので

音声コンテンツがいいかと(イヤホン忘れたの痛すぎる)。

TGVがウィークエンドパスを使って往復246€、通常価格2人分の往復は328€。

バスに往復で計4回×2人で8.8€。

4時間ちょっとと340€あれば2人でこの町に来られます

何もないがあるきれいな街

provence

ただ、きれいな空気があって川があって、

広い公園があって、

そして夏には、国際ピアノフェスティバルのために海外からも人がやってくる。

国際ピアノフェスティバルは今年で30年。

先日アルザスに聴きに行ったアルゲリッチ先生や

ショパンを弾かせたら世界一のKissinさん(好みです 笑)も来たことがあります。

綺麗な空の下にいる人たちは、日焼けしたやさしい人たち。

英語が使える人は少ないけど、愛があるから、大丈夫です。

Google翻訳の指差し会話にも付き合ってくれます(笑)

美味しいお店と懐かしいSPAR

この町でおすすめなのはアイス屋さん”Glacier le Quille”。

アイスを30種類以上手作りしていて丁寧な味

深夜12時までやっているのでコンサート後にも行けます。

懐かしかったのはSPAR

いろいろな転機を経て、いまはファミリーマートに吸収されたそうですが

高校受験の時に通っていた塾の近くにありました。

肉まん買ったり、午後の紅茶を買ったり、懐かしい(笑)

写真撮ってたらおじちゃんに、何撮ってるの?!と突っ込まれました。

夜ごはんを食べたレストラン”LeBocage”はすごくかわいいお店。

めっちゃおいしいわけではないけど

どのメニューも美味しくて、予約せずに行った我々は最後の一席

音楽祭の間、毎晩来る人もいるようです。

やっぱり地元の人のおすすめには従うべきですね(笑)

Airbnbに泊まるなら、必須だし

(この国のAirbnbはしばらく大丈夫そう、危ないかもと書いたけど)

レセプションがあるホテルでも、必ず聞いておきたい。

グーグルマップで料理の写真見てから、行きたいか判断しましょう(笑)

コメント