パリからインターラーケン、ウェンゲンへの行き方(スイスチューリッヒ空港

パリからスイスのアルプスのふもと、ウェンゲンに行ってきました。

帰りの電車でアクシデントもあったので
注意点を含め、行き方をお伝えします。

もし同じルートの人で行く方はこの表をスクショすると便利かも。

パリ市内からシャルルドゴール空港

朝5時に起きて5時40分ににUBERに乗りました。

寝ぼけていて気付きませんでしたが、めちゃピーク料金。

通常50€の固定料金のところ、2倍になってて100€・・。

パリからスイスへは電車もありますが、今回は電車で。

Expediaを経由して予約すると飛行機とセットだから便利です。

後から見返してみたら電車でもよかったかもと思いながら

飛行機好きなんで、楽しかったです。

パリからチューリッヒ / 飛行機

パリからチューリッヒはエールフランス。

7:35発と朝一番の飛行機に乗っていきました。

CDG12:55発ZRH14:10着

CDG16:35発ZRH17:45着

CDG21:15発ZRH22:35着

基本的に一日4便飛んでいます/2018年8月現在

チューリッヒ到着は8:50。

ここから4時間近く電車を乗り継いで行くので

寄り道しないでも到着は13時以降の見込みです。

チューリッヒからインターラーケン / 電車(予約は不要)

チューリッヒ空港からはチューリッヒ空港駅(Zürich Flughafen)から出る特急列車に乗ります。

切符は自動販売機で買いました。

英語の表示もできるので使い方は簡単です。

不安な方はこちらの記事の写真が分かりやすいのでぜひ。

言語を英語にして、チケットを選択して

行先・クラス(1等車か2等車)・片道化往復を選ぶだけ。

ちなみにスイスは電車が結構高いです。

2人で往復296フラン=270€でした

IC1かIC8でベルンまで1時間10分

2等車でも全然きれいなので2等車でいいかと思います。

席は予約しないで大丈夫

十分な本数走っています。

コンセントのさし口もあり充電ができます

乗り換えの表示もわかりやすいし

切符を見せたら駅員さんが親切に教えてくれる。

ベルンからはIC61かECという線で1時間弱かけて向かいます。

この電車もきれいでした。

またしても同じあたり、背もたれの上に充電口。

だんだんと山の風景が見えてきて、驚くほど水色の湖が見えたらもう少し。

12:00ちょうどに第一の目的地、インターラーケンOSTへ到着です。

(OST:東とEST:西があるので気をつけましょう、OSTが目的地

インターラーケン駅近辺

降りると駅前に大きなコープ。

ちょうど昼時だったのでここで軽くご飯を食べることに。

辛ラーメンも売っていたので、

カップラーメンを持ち込む必要はなさそう(笑)

チューリッヒからユングフラウ鉄道へ向かうときもこのルート。

そのときはインターラーケンOSTからグリンデルバルト駅を経由します。

そして駅の反対側の湖のそばで軽くビールを飲んで疲れをいやしました。

15時の電車でウェンゲンへ向かいます。

インターラーケンからウェンゲン / 電車

あらためてチケットを買ってこちらは片道28.8フラン=26€です

ウェンゲンへはR171で向かいました。

この線は時間によって番号が変わるので169とか174とかになるかもしれません。

20分ほどの乗車の中では滝が見えたり、いよいよ楽しいです。

途中駅のラウターブルンネンから乗り換えて

R371でウェンゲンへ。

この乗車は10分ちょっと。あっという間です。

ウェンゲンへの到着は15:49チェックインにちょうどいい時間になりました。

帰りの電車

この写真が事件現場(笑)

帰りも同じ電車です。

ここで一つアクシデント!

チューリッヒ空港駅に向かっていたのですが

その一つ前の駅でチューリッヒって言っていたので

ここかと思って降りたら違う駅。

こっちはチューリッヒ中央駅でした(笑)

こんなかっこいい駅、初めてでしたもんね、しばらく歩いてようやく気づいた(笑)

すぐに引き返して無事でしたが、気をつけてください。

駅名が読めないので、注意です!

コメント