これ買ってきてマジよかった。パリに駐在に来た時の持ち物リスト25選

準備

フランスに来て、あー持ってくればよかったと後悔して運んでもらったものや
帰国の時に毎回買っているものなど、選びました。

海外への引越し、一時帰国の前
海外の友達に会いに行くときなど、役立ててもらえると嬉しいです。

一番下にAmazonのリストをまとめたので、気になったものあればポチって下さい。
なくても何とかなるけど、あった方がいいものって多いんです(笑)

スポンサーリンク

食べ物編

鰹節入り醤油びん

高知出身の友達からもらったこれまさに神
こちらで鰹節は高いし、持ってくるとかさばるのが悩みどころ。

でも、かつおだし使うときってけっこう醤油入れるので
この醤油で出汁をとったような味わいです。
うどんとかもこれとみりんを合わせて水でのばせば◎。

これ一本で海外生活がとても楽になるのでお土産にもおすすめ

ほうじ茶パック

帰国のたび買い足してます。
旅行から帰って来た時とかふと疲れたとき
ポンって入れられる手軽さでほうじ茶ってやっぱりうれしい。

仁淀川山椒

山椒はこちらでも買えるけど、このフレッシュな香りの山椒には出会えません。
麻婆豆腐作るときにも、キュウリと青唐辛子とにんにくを和えたとき
鶏モモ肉を照り焼きにしたときなどなど、めっちゃ使える。

意外なところだと、チョコとも合うんだけど
奥さまがベーシック好きなのでわが家ではやりません。

スポンサーリンク

調理道具

おろし金

調理器具も日本のものが、痒い所に手が届くデザイン。
京セラのセラミックおろし金は合羽橋のおろし金マニアのお店で買ったもの。

滑らかにおろせるし
裏面にシリコンがついているから安定感も抜群。
重宝しています。

包丁

料理人だったこともあり、包丁はたくさん持ってきました(笑)
ふだんの生活ならぺティ細長い包丁の二本があれば十分です。
果物とか切るときと、お肉や野菜を切る包丁。

フランスの包丁は形が違うので
少し使いづらいです。
こちらで日本の包丁は高級品、デパートで貝印売ってます。

ゴムベラ

日本に帰るときの頼まれ者で多かったのがゴムベラ
こちらでもゴムベラ売ってるけど、日本のようにいい感じにしならない。

硬くてこれゴムベラ?ってやつか、柔らかすぎてすぐ折れちゃう。
とくにこのあたりゴムベラは重宝しました。

しゃもじ

日本のしゃもじはやっぱりすごいです。
こっちのお店で働いているときのまかないは
木べらでよそったりしてたけどめっちゃくっつきました。

ぶつぶつしゃもじを開発した奥さま、お元気でしょうか。
異国の地でも助けられております。

スポンサーリンク

消耗品

ラップ

わざわざ持って行かなくても、とタカをくくってましたが
フランスのラップは本当に使いづらい。
同じものでも箱によってばらつきがあるし、はがれづらい。
そして刃がすぐにダメになります。

アルミホイルも薄くて使いづらいので
一時帰国時、ラップを10本ホイルを2本くらい買っています。

ジップロック

もちろん、ジップロック的なものは売ってるんです。
スーパーで本当に良く似たものが。

でも、しまりが悪かったり、すぐに穴が開いちゃったり。
旅行時のパッキンにも便利だから多めに買ってきて後悔しません。
日本ってビニール製品のクオリティも高いんですね、フランスが低いのか(笑)

スポンサーリンク

食器類

弁当箱

お昼はレストランチケットで外食の会社も多いと聞きますが
奥さまの会社は社食があるものの、そんなに良くないらしくお弁当作ってます

この弁当箱はかわいいし、ボリュームも女性にはちょうどいい。
ピクニックとかの時に、から揚げとか入れて持って行っても喜ばれます。

小さいフォーク

デザートフォークが大きいんです、この国。
日本のディナー用フォークくらいじゃないかな。

ケーキ買って来たり、果物むいたときに
気軽に使えるフォークは手に入りませんでした。
一時帰国時に大量買い(笑)

スナオ、好きです。

レンゲ

中華料理つくるとき、とくに麺類なんか作るとレンゲが必須です。
見た目にもアジア料理っぽさが増してあがるし
スープを飲むときにスプーンじゃ足りない。

ホームパーティするときに
アミューズのせてもかわいいです。

スポンサーリンク

家電

炊飯器

越してきて三か月目、アンペアフリーの炊飯器を買いました。
と、いうか遊びに来た弟夫婦に持ってきてもらいました(笑)

お鍋で炊けるけれど、僕は朝起きたら炊けていて、火口もふさがない炊飯器が好き。
なかなか仕上がりにばらつきがあるけれど温泉卵も作れるし!

ドライヤー

ドライヤーもアンペアフリーのものが出ています。
奥さまがナノイーのドライヤーがいいって言うので
これを買ってきました。

ロンドンに行ったときにダイソンのドライヤー見かけて「ほしい」といってた気がするけど
たぶん気のせいでしょう(笑)

スポンサーリンク

生活用品

爪切り

アメリカに長いこと留学していた友達からもらったのが爪切り
こちらのスーパーなどでも売っているんだけど
切った爪が飛ばないプラスチックケースがないし
切れ味もいまいち。

力を入れずに切れるこれを買ってきて、重宝しています。

耳かき

これもいただきもの。
長いこと竹の耳かきを使っていたけど
こちらはすごく合理的なデザイン。

耳垢を奥に押し込むことなくかき取れます。
耳の中を傷つけることもないし安心。

歯ブラシ

フランスで売ってる歯ブラシは大きいんです(笑)
一気に磨けて効率はいいんだけど
細かいところの磨き残しとか気になる人は買っていった方がいい。

年に一度の帰国時に、24本買ってるかな(笑)

スポンサーリンク

薬・美容品

葛根湯

風邪の引き初めに葛根湯
1人暮らし始めたころからお世話になっています。

風邪ひいたなって思っても寝る前に二袋のんで寝る
朝には大量の汗とともに熱が下がってます。

生姜湯に足して飲むことも(笑)

太田胃散

引っ越して来たらいろいろ行きたいところあるし
家は片付いていないから外食が続くものです。

バターやオイルが多い洋食を続けると
和食を食べてきた僕らの胃はすぐにまいっちゃいます。

旅行の時にも必ず持ち歩く必需品

バファリンルナ

頭痛薬とか、けっこうセンシティブな薬は日本のものが安心。

海外の薬を飲むときは半量くらいで飲んだ方がよいです。
咳止めの薬飲んだら一錠で止まったけど、クラクラが止まりませんでした。

お子様がいる方とかは特に、
常備薬などは大目にそろえた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

嗜好品

タバコ

タバコ吸う人は多めに持ってきた方がいい。
日本の免税店は世界トップクラスのタバコの安さ

フランスはたばこの価格が8€かな、1,000円です。
コンビニで買ってもこちらの免税品より安いと思う。

2人いたら4カートン買ってきて後悔しません

渡仏とともに禁煙をはじめるのもいいと思いますけど
街中でも、テラス席でみんな喫煙してるから、どうかなあ(笑)

スポンサーリンク

洋服など

シャツ

フランスってめっちゃおしゃれだから
洋服を買うのに困らないかと思いきや、サイズがないのです。

昭和生まれのぼくは腕の長さが足りないようで
サイズ合わせが大事なシャツは日本で買ってきています。
たくさんなくていいけど、ちょっといいお店に行くとき用の白シャツは持っておきたい。

ウルトラライトダウンベスト

旅行の時とかとてもちょうほうするのがこれ
パリにもユニクロあるけど3割ちょっと高いかな。
1,000円のものが10€で売られている感じ。

これは荷物にならないし、
フランスの寒い冬の外出時にもジャケットの下に着られて便利です。

ストッキング

使わないので詳しいことはわからない(笑)のですが
こちらのものよりも日本のものの方がキメが細かくてしなやかな感じ。

こっちで買ったものはすぐに伸びちゃうし、なんか色も微妙です。
日本人の肌色には合いません
(夏はみんな生足なので夏用は必要ないです)

折り畳み傘

モノプリで買った折り畳み傘はすぐに骨が折れました。
日本のものはコンパクトになるし、
耐久力もあるのでおすすめ。

そもそも、フランス人はあまり傘をささないから
傘の需要がないんですよね、だからコスパが低い(笑)

スポンサーリンク

終わりに

パリには釜浅商店もできましたし、
京子食品でなくてもKmartに行けばたいていのものはそろいます。

でも、使い勝手が隅々まで考えられたデザインはやっぱり日本はすごい。
日本に帰ったとき、そんな豊かさにも驚きます。

無理のない範囲で、スーツケースに詰めてみてください。
パリのアパートにいても、ほっとする瞬間がおとずれます

コメント