ブログでゲッティイメージズのフリー画像が使える!

ノウハウ

報道用写真とかにも使われる「getty images」の写真が
自分のブログに使えるって知ってました?

僕はさっき知りました。
そしてさっそく使いました(笑)

ただ「使えます」ってだけだと面白くないので
最近Voicyというラジオ配信アプリではまっている有名ブロガー
「イケダハヤト」さんを貼り付けるのにトライ。

スポンサーリンク

使い方

getty imagesにアクセス

使い方は本当に簡単です。
getty imagesのページにアクセスして検索するだけ

 

 

ほしい画像を検索

たとえば、「イケダハヤト」と検索すると、めっちゃたくさん出てくるのが池田隼人さん。
そうですよね、さすがに元総理はでかい

報道写真がたくさん載っているゲッティイメージは総理大臣だらけ(笑)

 

   getty images

高知で探しても土佐カントリークラブで行われる
ヨコハマタイヤゴルフトーナメントだらけ。



getty images

でも、あきらめたらつまらないので
イケハヤさんの住んでいる嶺北エリアの写真を探します。

エディトリアルイメージとクリエイティブイメージ

ここで初期設定のエディトリアル画像からクリエイティブ画像に切り替えてみましょう。
キーワードを入れるボックスのすぐ下で切り替えられます。

いい感じですね、近づいてきました!


 getty images

ところでクリエイティブ画像エディトリアル画像の違いは?

 

クリエイティブストックイメージは、トレンドリサーチに基づく写真や、アートディレクターが制作した写真で、ほとんどが商業用としてご利用いただけますが、場合によっては追加のクリアランスが必要になることがあります。

エディトリアルイメージには、実際の人物や場所、イベント、事物などを撮影したニュースやスポーツ、エンターテイメント写真が含まれ、ニュース性のある出来事や、話題になっている事柄を伝える目的のみでの利用が意図されています(例: ブログ、教科書、新聞、雑誌の記事など)。

クリエイティブの方が自由度が高いけど、
有名人の写真や名所の写真はエディトリアルの方が豊富できれいな写真が多いです。

そして、いろいろ検索ワードを試して”kochi motoyama”で見つけた唯一の写真がこちら。

イケハヤさんの住んでいる本山町の航空写真です。
どこかに移りこんでいるかもしれません!(笑)

写真が無料利用か確認する

写真にカーソルを合わせて、 < / > このマークが出る画像は無料で使えます
たとえば映画のワンシーンの写真などは表示が出ないので使えません。

奇跡的に見つかったこの写真、が利用不可能だったら泣くのですが
どうやら使える様子。

 


getty images

嬉しい!

画像のコードを設定する

このとき、標準コードだとうまく表示されませんでした。
ワードプレスとの相性なのか、プラグインなのか、わかりません。

ということで「旧型コード」を選択します。

 getty images

貼り付ける

編集モードをHTMLモード(ワードプレスだとテキストモード)に切り替えて
先ほどのコードを張り付けて完成です。

ふたたび、こちらがイケハヤさん上空(笑)

スポンサーリンク

気をつけること

商用利用はできません

ゲッティイメージのサイトには下記のように書かれています。

ゲッティイメージズの埋め込み画像を次の目的や形式で使用することはできません。

  • 製品の販売/資金の調達/プロモーションや宣伝を目的とする商用使用。
  • 中傷、ポルノ、その他違法となる使用。
  • ゲッティ イメージズのイメージ詳細ページで定められた制限に違反する使用。
  • 埋め込み機能の使い方以外での使用。

 

このブログもそうですが、多くの個人ブログではグーグルアドセンスの広告を入れています。
これも、資金の調達を目的とする商用利用と、とらえることもできそう。

WEB SEEYA”さんがゲッティイメージズに質問したところによると

 

公式サイトのFAQだけでは判断できなかったため、ゲッティイメージズに問い合わせをしてみました。

回答を要約するとアフィリエイト広告を貼っているかどうかではなくページ自体が報道目的であることがポイントになるようです。アドセンスなどの広告が貼っているサイトかどうかは関係ないということになります。

大事なことは、アフィリエイトにつながるような画像の使い方はNGだということです。

例えば、CDや書籍を紹介し、Amazonや楽天のアフィリエイトバナーでサイトへ誘導してあるような記事にその歌手や筆者の写真などを利用することはNGだと解釈したほうがよさそうです。

「この内容ならOKですか?」という個別の質問には答えてくれませんので、最終的にはすべて自己責任での利用になります。

 

そうか、本のレビューからAmazonリンクもダメなんですね。

と、いうことでアフィリエイト記事ではない記事を書くときに使いましょう。

この記事みたいに(笑)

スポンサーリンク

さいごに

出所がわからない記事とか写真のブログも多いですよね。
使い方を間違えると手痛いことになることも。

めんどうでも、権利関係とか確認してから使いましょう。
まったくフリーの画像でも探せばいろいろ見つかります。

最近のお気に入りはここ、pixabay

ゲッティほどじゃないけれど、きれいな写真がたくさんあります。

無料でダウンロードできるけど、ダウンロード後に
カメラマンにコーヒーをご馳走しない?というメッセージが出るのがかわいい。

 

コメント