パリのセーヌ川で泳いだことがある?セーヌの三つの禁止事項

文化・習慣

昨日、オペラ近くの美味しい和食屋さん行ったときに面白い話を聞いたんです。
「去年の夏、暑くてセーヌ川に飛び込んじゃったんだよね
ん?セーヌ川って泳いでいいんだっけ?

そういえ去年かな、メトロに乗ってセーヌ川超えるYOUTUBEも見たことが…
セーヌ川にまつわる三つのニュースを調べてみました。

スポンサーリンク

セーヌ川って泳いでいいの?

現在は遊泳禁止、罰金あり

現在、セーヌ川は遊泳禁止
泳ぐと15ユーロの罰金が科されます。

まぁ15ユーロって防ぐ気ないというか
公式にはだめだからね、やっちゃダメなんだからねって言ってるだけって気も(笑)。

どこかの縞々のチームと同じく
こないだのワールドカップ優勝時には飛び込む人もいたみたい。

サンマルタン運河では貯水池の水で泳げる


セーヌ川の支流、野外映画祭をやっている
ラ・ヴィレット公園の近くのサンマルタン運河。

ここには2017年からプールが設置されてます。
セーヌ川沿いのパリプラージュも人気だけど
こっちは泳げる本格バージョン、

水は運河と同じ水質らしい
ので顔をひたすのは怖いけど、
遊びに行っても面白いかも。

運河沿いのブリュワリーレストランも素敵。
ちょっとTYハーバーを思い出します。

@panamebrewingcompany

オリンピックに向けて遊泳可能にする予定

1988年パリ市長だったシラク元大統領が
「セーヌ川を泳げるようにしたい」
と言ってから20年、まだ泳げる水質ではないみたい。

でも、2024年のパリオリンピックのトライアスロンと水泳競技のオープンウォーターを
セーヌ川で開催する予定なんです。
さて、間に合うのでしょうか、どうでしょう。

ぼくは、モンサンミッシェルの方で開催しても楽しいと思います。
この都会の中を走って泳ぐって面白いけど、
トライアスロンは自然の中でやってほしい。

あ、2020年の東京オリンピックではお台場を泳ぐ予定なんですね。
こっちの方が深刻か。

スポンサーリンク

メトロに乗って橋をわたる

メトロに乗って

斉藤和義さんの「メトロに乗って」は今もきいています。
海外に出てから、改めて斉藤和義さんにお世話になってるかも。
ホームシックが出たときも慰めてくれます。

一昨年の年末、そんな穏やかなものじゃなくて、
メトロの屋根に乗ってセーヌ川をわたる動画が話題になりました。

街中をアスレチックのように楽しむパルクールの一種でしょうか。
もちろんこれは違法ですし、
罰金15ユーロとかではなくて、捕まります

メトロの中から見るエッフェル塔もきれい

もちろん、屋根の上にのらなくても
メトロからエッフェル塔を見ることはできます。

ちょうど点滅するエッフェル塔が見えたときときめきました
6番線のビケラム(Bir Hakeim)から21時(日没)以降の
毎時58分~3分の間に発車する電車に乗れたらキラキラが見えます。

シャイヨー宮から見るのはもちろんきれいだけど
偶然をよそおって、窓から見える時間に乗れるととっても盛り上がるかも。

映画の中のセーヌ川と言えば

「ミッドナイトインパリ」「アメリ」はとても素敵なので
アメリのロケ地巡りをする人は今でも尽きないとか。

「ビフォアサンセット」のパリもロマンチックです。

ビフォアサンセットで二人が再開する本屋のロケ地にもなったのが
セーヌ川沿いのShakespeare & Companyです。

ここからセーヌ川クルーズに出かける二人すてきでしたね。

スポンサーリンク

愛の鍵で橋が崩壊

ポンデザール「芸術の橋」が崩壊の危機

いまや世界中、どこの観光地にも鍵をかけて永遠の愛を誓うカップルがいますよね。

このパリでは、ポンデザールが永遠の愛の象徴となったのか
パリに来る観光客がこぞって鍵をかけるようになりました。

そして2014年、とうとう鍵の重みに耐えかねて
2メートル以上の範囲にわたってフェンスがはがれてしまうという事件も。


一年後の2015年にフェンスをすべて外してガラスの板が取り付けられています。
そんな中でも果敢に鍵をつけようとする人はいるようですが、
橋の上で肩車したり命がけです(笑)

アルマの橋も鍵

もちろん、ほかの橋だって同様です。
エッフェル塔近くの橋にも鍵がたくさん。

僕の好きなこの橋にもたくさんの鍵がかかってます。

少しだけならきれいですけど
あまり多くなってくるとやっぱり危険ですよね。

鍵をかけるよりもノートルダム寺院に寄付しよう

橋に鍵をかけてロマンチックな思い出を残そうと思うなら
ノートルダム大聖堂の大改修に寄付するのはどうでしょう。

実はノートルダム大聖堂は正面こそきれいに保てているものの
裏側は結構老朽化しています。

2017年、ノートルダム寺院は大聖堂の改修のため
一億ユーロの資金集めを始めました。

日本で旅行の準備のついでに寄付をしてから行くと、
2人でこれからの改修に協力した教会に行くことになるんです。

「また改修が終わったら来ようね」

なんて約束、ロマンチックだと思います。

寄付はここから、カードかpaypalで。

スポンサーリンク

おわりに

A post shared by Deedee Paris (@deedeeparis) on

最近のセーヌ川は冬の終わりから春にかけて大増水で河原が沈んじゃったり
こないだなんかは鯨が打ち上げられた⁉ってニュースもありましたね。

(環境保護団体のインスタレーションだったそうです)

いつか、この川もきれいになって、
泳いでからピクニック、なんてのもすてきだけど
それには相当のお金と罰則が必要な気がします。

ときどき、橋からきれいな夕日が眺められればそれでいいかな。
たったそれだけでも、十分にありがたいもの。

タイトルとURLをコピーしました