フランス旅行ならユーロ両替・キャッシング・カード決済どれがおすすめ?空港両替は損?

両替ユーロ円お得なのは?準備

フランス行く前、20万円両替したんですけどめっちゃ損しました。1万円くらい手数料で消えちゃったんじゃないかな…そんなトラウマを持つ僕。

フランス行くときってどれくらい両替していったらいいの?

って聞かれたら

日本で両替はしなくていいです。

1万円を両替して、クレジットカード2枚持ってれば十分。

って答えてます。お願いだから僕みたいに無駄なお金遣わないでください。

スポンサーリンク

海外旅行は現金かカードどっちがいい?

手数料の比較

銀行や両替商での両替レートって、ニュースで聞く円ユーロ為替と違うのってなんでだろうと思いません?そう、手数料をたっぷり抜いているからです。

こんな感じですね。

両替商・空港で出来る現金両替の手数料

9/6現在の円→ユーロのレート手数料
ユーロ相場(2018/9/6)129.5
インターバンク一時業務停止中
大黒屋133.192.8%
トラベレックス133.713.3%
紀陽銀行非公開2.0%前後
池田泉州銀行非公開2.0%前後
MUFJ133.473.1%
みずほ銀行135.544.7%

空港内では、紀陽銀行と池田泉州銀行が一番安いです。

ただ、他店のレートよりもお得に調整するのでレートは公開していないとのこと。

手数料0.5%で両替できたインターバンクは一時業務停止中ですね。

ここも書留の郵送料や振込手数料(どちらも300-500円くらい)を加えると2%弱だったそうです。

カードの手数料

海外でのカード支払いには手数料が加算されています。

1ユーロ130円として100ユーロの買い物した時の請求額は13,000円ではなく

手数料が1.6%の場合は、100×130×1.016=13,208円になるんですね。

僕も初めての海外旅行から帰った後の請求書で知りました(笑)

その手数料一覧がこちら。

国際ブランド為替手数料
VISA1.63%
MasterCard1.63%
JCB1.60%
AMERICAN EXPRESS2.00%
Diners Club1.30%

どのブランドを選んでも両替よりも手数料が安いです。

手数料が安いダイナースはフランスでの対応店舗少ないんですよね。

使える場所と使えない場所

フランスはカード決済が主流です。

スーパーでも一ユーロ以上の支払いはカードで行うし、キャッシュオンのバーでもカードです。

カードに非接触の決済機能付いてて、タッチで決済できるのも快適

suicaで全部決済できる感じですね。

そんなこともあり、カードが使えないお店は限られます。

現金を使うのはマルシェでじゃがいもを買うときと、

カードが10ユーロから限定の八百屋に行ったときなど。

気をつけたいのは「使えるブランド」かどうかです。

国際ブランド
VISAカード使える店では99%OK
MasterCardカード使える店では99%OK
JCBデパートや観光客が多い大きな店舗のみ
AMERICAN EXPRESS一部のブランドショップ・免税店・高級レストランのみ
Diners ClubAMEXよりもさらに少ないブランド店・免税店のみ

そう、使えるのはほぼVISAMasterだけです。

スポンサーリンク

カードを持っていくときのリスク

海外で起きるアクシデント

日本という国は本当に安心安全な国。

油断して観光本を見ながら歩いてると痛い目にあうことも。

パリの交通機関で注意するべき5つのこと
パリ、日本よりも不便な街です。ぼくらの想像以上に映画みたいに美しい反面思った以上に不便なことがたくさんあります。いくつか覚えておいてほしいことをメモしてみました。パリの交通機関で気を付けてほしいことメトロのチケットは捨てないで空港のタクシー...

ひったくり

ATMでお金をおろしたら、後ろから来た男に奪われた友人もいます。

被害額は200ユーロだったそう。

朝8時、人通りが少ない時間だったのも理由でしょうか。

スリ

我々夫婦、実は3度スリの被害にあっています。

パリのメトロで二回、アルザスコルマールの町中で一回

口の開いたかばんや、開けやすいショルダーバックなどの時は特に気をつけましょう。

僕は財布と携帯は常にズボンのポケットに入れています。

(小さい財布に買いかえました)

カードを使いすぎて止められる

これも二回やってますね、学習能力低い(笑)

僕のカードは、3日で500ユーロを超えるとストップかかります。

旅行行く前にカード会社に連絡すると限度額を引き上げてくれるので必ず連絡しておきましょう。

決済時に気をつけること

決済は円?ユーロ?

ここは結構大事なポイント。

ユーロだと決まった手数料、VISAだと1.6%です。

円を選ぶと、各店舗が自由に決めた手数料を払うことになるので気をつけましょう。

お店によっては10%くらいの手数料を設定しているお店もあるので

かならずユーロで決済するようにしましょう。

スポンサーリンク

海外旅行傷害保険

先ほども書いたひったくりなどの被害・けがの時、大きな被害額になることも。

被害にあった人は多くて、このサイトとかまとめてくれてますね。

盗難で数万円、入院すると数十万円かかることも多いです。

海外で事故にあった実例が知りたい|究極の海外旅行保険付きクレジットカード
一口に海外旅行での事故といっても、その内容や対応は様々です。 いくつかの事例を、保険会社のデータなどから集めてみましたので参考にしてください。 治療費、救援者費用 事故や病気によって治療を受けたり、家族が駆けつけた事例です。もっとも件数が多いトラブルです。支払い金額は、「傷害・疾病治療費」と「救援者費用」を合算した金額...

クレジットカードの海外旅行保険

実はクレジットカードにはそれぞれ海外旅行保険がついています。

たとえば下記の三社は年会費無料でそれぞれ200万円の保証がついているので

何かあった時にも安心です。

カード会社補償額付帯銘柄年会費
エポスカード治療200万・損害20万自動付帯VISA無料
楽天カード治療200万・損害20万利用付帯VISA/Master/JCB無料
イオンカード治療200万・損害30万自動付帯VISA/Master/JCB無料
スポンサーリンク

で、何を持っていったらいい?

フランスでは現金よりもクレジットカードがお得

おすすめはエポスカード・セディナカード・エムアイカードプラスゴールドの三種類。
詳しくはこちらのページからどうぞ!

パリ旅行・パリ滞在に必ず役立つまとめがこちら。

治安・移動・デモ・郵便・おみやげ・マルシェ・クロワッサン・レストラン情報など役立つ記事をまとめました。気になることがある人はぜひ↓

役立つブログ記事まとめ


準備
スポンサーリンク

あなたへのおすすめ!

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ!

役に立ったと思ったら、シェアしてくれると嬉しいです!
あざらし奥さんとパリ暮らし
タイトルとURLをコピーしました