海外駐在主婦・主夫の方におすすめのストレス解決法

暮らし

料理を辞めて家に主夫になり、

駐在にきて主婦している人の心が疲れたり、体調崩す気持ちが分かりました。

外に出ても外国人ばっかりで(というよりこっちが異邦人)、家にいても話し相手がいない。

お子さんいると、お子さんの学校も大変ですし…

今日はそんな方々におすすめのサービスを5つご紹介します

スポンサーリンク

Traveloco

海外在住の人が、旅行者にサービスを提供して多少の謝礼を受け取れるサービス。

旅行に来る予定の人・来た人から、街に関しての質問や、案内依頼・買い物代行の依頼があります。

ぼくは有料の案内依頼や買い物代行はしたことがありません。

でも、困っている方の質問にはときどき答えています。

 

僕が答える質問は

・地下鉄の切符の買い方

・乗り換えの仕方

・おすすめのレストラン

など、普段の生活で知っていることを教えるだけ。

 

海外では、求められる機会が少ないので、自己評価が下がって疲弊しがちです。

ふだん何気なくしている事を教えるだけで、もらえる感謝が一つ増えるのは嬉しいです。

トラベロコ | 世界とつながってあなたの「したい」がかなう
世界2253都市の海外在住日本人(ロコ)が知識や経験、能力をサービスとして提供して、あなたの旅をより楽しくします、
スポンサーリンク

Blog

僕が出会った一番いい解決方法はブログでした。

もともと本が好きでしたし、文字を書くのも好きだったのもはまったポイント。

※字は暗号のような読みづらさですが…

 

駐在中の生活は保障されているけど、どこにも求められていないし

所属するコミュニティがパートナーの会社だけだと息が詰まります。

 

難しいことを書かなくて良くて、日々気づいたことのメモ書きから始めても。

僕が記事を書くときは、フランスに越してきて困ったことや

旅行に来る友達からもらった質問をそのまま記事にしてます。

 

たとえば、旅行中の携帯電話どうしたらいい?という質問だとこちら。

海外WiFiレンタルサービス・SIMカードを口コミ・評判で徹底比較!
「料金が分かりづらいし、見積りを見たら予想よりも高くて、よくわからない」 海外旅行に行くとき、多くの人から悩みが届きます。 確かに、海外Wi-Fiレンタルは、送料や保険料など、料金体系が複雑で 一番自分に向いてるものを探す...

パティシエの子が遊びに来るときにおすすめを聞かれたのがこれです。

パティシエのためのパリ案内 おすすめパティスリーから製菓道具専門店まで
わー!パリに来るのね!楽しみ!パティシエさんならパリは楽しいよね。いろいろ調べていると思うけど、僕のおすすめ+パリで働くパティシエのおすすめまとめます。一番下に共有可能なグーグルマップ貼っておくので使ってね。目次パティスリー・ブーランジェ...

 

ブログの始め方はこちらにまとめたので参考にしてみて下さい。

最初は無料で初めても大丈夫、書くだけでも癒しになります。

アラフォーでブログ初心者だった自分に教えたい情報
きちんと記録を残すことがすごく大切だよ。 って売れてるブロガーの人が言ってました。 もし、いまからブログを始める人がいたら、何を調べたかをすべてメモっておきましょう。 それは来月ブログを始める人にとってすっごく役立つから記...
スポンサーリンク

Meet Up

何か趣味がある人はこちらもおすすめ。

ワイン・映画・英会話・陶芸・ヨガやテニスなどなど、いろいろなイベントが見つかります。

 

餃子の料理教室と陶芸に参加したことがあります。

どちらも面白かったし、先生が英語も話せたのでスムーズでした。

 

ヨガやスポーツだと、よりコミュニケーションが身体的なので距離が縮まるのが早いでしょうね。

体での会話という分野は憧れます。

フランス語話せるようになればいいじゃんって言われたら身も蓋もありません…(笑)

スポンサーリンク

道案内

こちらもすごくおすすめ。

街で地図を広げてきょろきょろしている人を見つけたら話しかけています。

 

旅行者の多くは英語が話せるから会話も難しくありません。

「Hi !! Are you OK?」みたいなシンプルな言葉で話しかければ大丈夫。

いつも買い物に行っている駅の近くを案内するだけで大感謝です。

すごくメンタルにもいいんですよね、知らない人からの感謝

 

じつは、日本にいるときからずっと、道案内を布教しています。

道案内って人類平和なんです。

 

旅先の貴重な時間を10分失うところ、僕が1分差し出しただけで

彼らは9分間の節約ができるんです。

もし、4人家族を助けたら、人類全体で40分(4人x10分)失うところ、たった5分で解決です。

 

しかも、しかもですよ、彼らは道に迷って大変だった旅行ではなく

迷っていたら優しい日本人が助けてくれた素敵な旅行、として国に帰るわけです。

帰ったら周りの人に話しますよね「こないだの旅行は最高だった」って。

さあ、日本にいるあなたも、今日からレッツ道案内です。

 

説明が難しいなって思ったときは、自分の時間を差し出しても

「んー、カムウィズミー」で一緒に行きましょう(笑)

あとはまっすぐとか、駅まで連れて行けると最高です。

(過去、道案内のため遅刻して、お待たせした皆様にはお詫び申し上げます、すみませんでした)

スポンサーリンク

興味があるところに行って日本人と出会う

僕がパリで仲のいい人たちは、

①東京の時からの知り合い

②レストランの時の同僚から広がった人

③日本人がいないようなイベントで声かけた人

の3種類。

 

3番めが結構面白くて、サロンドヴァンというワインの展示会で仲良くなった女性や

StationFというインキュベーション施設の1周年パーティで知り合った女性がいます。

ワインが好き同士ですし、ソーシャルなことに興味があるので話も合います。

 

そして、すこしマニアックな方が自分に合う人に会えます。

美術が好きだったらルーブル美術館よりも、モロー美術館とか

好きな人しか行かないし、知らないような場所がおすすめです。

 

気をつけなきゃいけないことも一つあって、日本人をだます日本人や

日本語を話すフランス人が詐欺を働くことがあるそうです。

だから、お金の貸し借りとか、紙物へのサインはやめましょう。

 

ワイン好きな女性から「iPhoneの使い方教えて」って言われたときの二言目は

「わたし、怪しいものじゃないから」って(笑)

フランスが長い人は余計、日本人を警戒するところもあるようです。

スポンサーリンク

おまけ ホームレスに寄付する

街でお金を求めている人に1ユーロくらいあげてみる。

働いているときなど、嫌なことがあったらやってました。

 

渡す1ユーロに嫌なことを込めて渡すんです。

私はあなたに1ユーロ渡すけど、これに私のしんどい気持ち全部込めたからね、と(笑)

 

もちろん感謝されるし、人を助けたなぁって思えるので少し楽になりますよ。

ホームレス・物乞いに関しては「パリ セパ ジョリ」が参考になります。

物乞い 1 - パリ セパ ジョリ
物乞いは、世界中どの国にも存在しています。人数は少ないですが、日本にも存在しています。特にパリには多くの物乞いが存在して…
スポンサーリンク

おわりに

ここまで、5つ(とおまけの一つ)紹介してきましたがいかがでしたか?

全体に共通するのが、居場所を増やす、評価してくれる場所を増やすということです。

 

日本でも定年になったお父さんが居場所を無くして、高齢引きこもりになったり

過労のために鬱になったりしますよね。

 

これも、同じ問題だと思っています。

千葉に住む父は働いているころから地域の活動に参加したり、畑を始めて

定年退職した今では、畑や地域の集まりに参加して楽しそうに暮らしています。

 

SNSなどの仮想世界に近い僕らは、同じエリアの同じ文化の人たちだけではなく、

興味を通じてつながれる人を増やすのもいいと思います。

 

もし、このブログがいいなって思ったり、今度パリに行くからいろいろ教えてよ!

と興味持ってくれたら、Twitterやコメントからご連絡ください。

お金は貸せないし、サインもできませんがおすすめのお店などはご紹介します(笑)

 

といっても、行ったお店はほとんどのせてるんですけどね、ここに。

【パリのおすすめレストラン150軒】きょうも美味しく食べ歩き
パリに来て3年目、わがやは2人とも食べることが好きなので 本当にいろんなお店に行ってきました。 そこで2018年8月末までに行った記憶があるお店118店舗、一覧にしました。 2018/11/11 現在、142軒になりました。 ...

コメント