【5分でわかる】|田中泰延「読みたいことを、書けばいい。 」妄想インタビュー

読みたいことを書けばいいの書評読書

ブログやnoteを書き始めて、これ、僕が書きたかったことだっけ?PV上げるために、キーワードの組み合わせだけ考えて記事書くのって違うよね…って思っている人、この本読んだ方がいいです。

ブログを書いていると、何PVだとか、売上実績が…って話をしがち。でも、書き始めたのは、そもそも「書くことによって何か残したい、伝えたい」ってのがあったからだよね?って自省するきっかけになります。

「3分で読めるまとめ」を書こうと思ったんだけど、そうすると退屈な文になっちゃうので、田中さんとお酒飲んでるセッション形式にまとめてみました。※田中さんとはお会いしたことないし、この会話は架空のものです。

セリフのうち、緑の太文字になっているものが本文からの引用です。””で囲むべきところなのですが、雰囲気を活かしたかったのでご理解ください。

スポンサーリンク

書くのは自分のため、それ以上でも以下でもない

田中さん田中さん、いい文章を書くコツってありますか?

「自分が読みたいことを書けば、自分が楽しい」
自分がおもしろくもない文章を、他人が読んでおもしろいわけがない。だから自分が読みたいものを書く。

それが大事だよね、っていうか自分が読みたい気持ちが一番。

いいっすね、すごくシンプル。

確かに、頼まれ仕事で興味のないこと書いても楽しくないし、仕上がりがいまいち。でも、知りたいことを調べてたり、自分が感動したこと書いてるときに書いた文章は好きです。

そうなのよ、ネットにある情報を集めただけの記事とかあるじゃん?あそこには愛がない、書きたいっていう気持ちがないよね。

いまさら書かなくていいことは書く必要がないってことを知っておいた方がいい。どこかで読んだ内容を苦労して文章にしても誰も読まないし、自分も楽しくない

うわー、耳が痛い。

ブログ始めて半年くらいの頃とか、ネットで調べたことの寄せ集めで記事書いたことあります…でも、読まれないし、思い入れもなかったので、すぐに消しました。恥ずかしい過去です…

調べることは愛すること

恥って感覚は書き手にとって大事。書くって愛だからね。

調べることは、愛することだ。 自分の感動を探り、根拠を明らかにし、感動に根を張り、枝を生やすために、調べる。 愛と敬意。これが文章の中心にあれば、あなたが書くものには意味がある。

愛があるかないか、が全てなのよ。

ストーカーっぽいというか、気になったことをとにかく掘って調べる人は向いてるんでしょうか。

僕も三ッ星シェフの生い立ち調べるために90年代のウェブ情報とか、古い本を読みこんで情報を精査してました。そこまでする必要ある?って聞かれたことあるけど、重箱の隅まで突いて記事書きたいんです。

そうやって書いていくと、被写体というか、例えばすきやばし次郎の二郎さんについて詳しくなって、同時にいとおしくなったりします。

そうそう!愛が生まれるのよ、掘って掘って掘りまくると。

言葉とは、文字通り「葉」である。好きなことを好きに書いた葉を繁らせるためには、「根」が生えていなければならないの。そのためには、きちんと掘らなきゃいけない、そこで大事なのが一次資料ってやつ。

ウィキペディアとかのネット情報だと、引用元が不明なことあるから、その葉っぱは使えない。

スポンサーリンク

書く人は起業家と同じ・言葉は貨幣と同じ

ちょっとここで、ためになる話をしようか。

書く人と、起業家って同じ。そして言葉と貨幣って同じなんだけど、なぜだと思う?

書く人は文章を生み出すから、事業を生み出す起業家と同じ。

文章も貨幣と同じで、何もないところから作り出せるから同じ、ってのはどうでしょう?

うーん、それも考え方の一つだね。僕が考えている1つは、さっきから言っている愛の話に近いかな。

自分がまずおもしろがれるものであること。これは、ビジネスアイデアでも文章を書くことでも全く同じだ。それが世の中に公開された時点で、 あくまで結果として、社会の役に立つか、いままでになかったものかがジャッジされるってのはすごく似てると思わない?

確かにそうですね。ダメならいつまでも読まれない(役立たない)ってところも同じ。

そう、だから文章を書いて人に見せるたびに、「それは誰かの役に立つか? いままでになかったものか?」と考え抜けば、 価値のある意見には、必ず値段がつくんだ。

お!ここめっちゃ大事なところですね!価値と独自性を常に問う

書き続けたいなら責任持たなきゃね。で、なんだっけ、貨幣と言葉の共通点の話だよね。

どちらも社会で役に立つ、って共通点がありそうですが、どうでしょう?

役に立つ、は近いところあるかな。

貨幣って⑴ 決済手段(支払手段) としての機能 ⑵ 価値尺度としての機能 ⑶ 価値貯蔵手段としての機能を持つのね。

実は文章も同じで

①言葉で言い表わすことで、存在するものに具体的な価値を与え、だれとでも交換できる。

②社会の中で共通の道具として流通している以上、ひとつの単語の価値は相互に担保されている。また、貨幣経済において商品の価値は、買い手がその商品と引き換えにどれだけの犠牲(お金) を払おうとするかで決まる。

③歴史上の記録も、個人の記憶も残すことができ、しまっておける。たまたま見かけた情景も、そのとき湧いた感情も、思想を述べるための論理構成も、政治に影響を与えるための演説も、すべて「持っておいて、使いたいときに使える」

ほら、言葉ってすごくない?

いやいや、それが似てるとひらめく田中さんがすごいですよ

スポンサーリンク

自分のために書けばいい

たまにはためになること書いとかないと売れないからさ。2ちゃんに書いてあったことのコピペでもいいから「ためになる」っぽく仕上げなきゃ

あれ?話がすっかり変わってるけど、飲み過ぎですか?

そう?酒飲みついでにもう一ついい話しておこう。

ぼくらが人間への尊敬や愛情や共感を心に刻むのは、実に相互の孤独の中においてである。書くこと、そして読むことは、その相互の孤独を知り、世界への尊敬や愛情や共感をただ一回の人生で自分のものにすることができるんだ

なんというか、言葉って魔術みたいなものだと思えてきました

魔術か、その表現も当たらずとも遠からずってとこだね。

たとえば言葉をつづれば孤独に打ち勝つこともできる。

自分が世界を置き去りにすればいい。だれもまだ知らない景色を、知らない言葉を、見つければよいのだ。その一瞬だけは、世界の寂しさに勝てる。

世界が知らない自分だけの感動を書いて、それをあなた自身が読むときに、その瞬間だけ孤独から救ってくれるんだ

寂しい時こそ、穴を掘り続ければ光が見えてくるんですね!

そう、そして書いて書いて、また書くんだ

気をつけなきゃいけないのは、悪い言葉を発すると、悪い言葉は必ず自分を悪いところへ連れてゆく。良い言葉を発すると、良い言葉は必ず自分を良いところへ連れてゆくってこと。

自分に正直に、愛をこめて書き続けることが大事だよ。

素敵な話をありがとうございます!

田中さんの本で、素敵な1節があったので最後にそこを抜粋させてもらってもいいですか?

まずは自分だけが読者なのだから、恐れることはなにもない。もしひとりだけでも、読んで感想をくれる人がいたとしたら、自分のために書いたはずなのに、あくまで結果として、その人のために書いたことになる。

少しでも読まれるようになると忘れちゃうけど、自分のために書けばいいんですよね。とてもやさしい1節で、心に残りました。

うん、じゃあくれぐれもこの本がAmazonの中古1円で売られないように、必要なところを切って残りは紙のリサイクルへどうぞ

田中さん、ありがとうございました。

僕はこの本を読んで「あぁ、書いてていいんだな、これからも書き続けよう」って思いました。書き続けるための道しるべ、というか、数年たって読み返しても、この本に恥ずかしくない自分でいたいってくらい、いい本です。

この文が田中さんのところへ届くことがあるかは分かりませんが、書いてて楽しかったです。そして、心を込めることの大切さへ立ち戻れました。ここまで読んでみて、興味がわいた田中さん以外の皆さま、ぜひ買って、感想教えて下さい。

いやー、本って本当にいいものですねー。

パリ旅行・パリ滞在に必ず役立つまとめがこちら。

治安・移動・デモ・郵便・おみやげ・マルシェ・クロワッサン・レストラン情報など役立つ記事をまとめました。気になることがある人はぜひ↓

役立つブログ記事まとめ


読書
スポンサーリンク

あなたへのおすすめ!

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ!

役に立ったと思ったら、シェアしてくれると嬉しいです!
あざらし奥さんとパリ暮らし
タイトルとURLをコピーしました