ニースのシェフから始まる台風19号・千葉県豪雨 #被災地農家応援レシピ #CookforJapan

台風19号千葉県豪雨被災地農家応援レシピ被災地農家応援レシピ
台風19号千葉県豪雨#被災地農家応援レシピ

©日経新聞より

10月12日に日本に上陸した台風19号「ハギビス/Hagibis」、そしてその2週後の24~25日にかけて千葉県を中心に降った集中豪雨。死者は合計100名弱、被害額は2000億円近いとも報道されています。

僕の実家(成田市の隣町)の近くでも土砂崩れがありました。そんな悲惨な状況ですが、Twitterから素敵な動きが始まったので紹介しましょう。ハッシュタグは「#被災地農家応援レシピ

メディア掲載・放送|履歴と今後の予定

11/5(火) ヤフーニューストピックス マイドナニュース
11/8(金) 16:50 ~ 19:00 フジテレビ系 Live News IT!
11/9(土) 朝日新聞 夕刊 社会面掲載 (ウェブ版 / 登録必要だけど無料で読めます)
11/10(日) 朝日新聞長野版掲載
11/11(月) 8:15~9:54 NHK総合 あさイチ
11/11(月) 13:55 ~ 15:53 SBC信越放送 ずくだせテレビ
11/11(月) 朝日新聞web版
11/12(火) 23:00 ~ 23:54 テレビ東京 WBSワールドビジネスサテライト
11/14(木) 朝日新聞web論座「被災地農家応援レシピ の物語 – 村山恵二

      1. メディア掲載・放送|履歴と今後の予定
  1. 被災地の野菜と果物を料理して、食べて応援
    1. 神谷シェフの提案にシェフ、パティシエが続々と参加
      1. 鎌倉のコンフィチュール店「Romi-Unie Confiture」五十嵐 ろみさん|ロゼワインの香りのりんごのジュレ
      2. 金沢の焼菓子専門店『BAKE SHOP bien Bake』坂下 寛志さん|タルトポム クランブル
      3. 尼崎の洋菓子店「リビエール」西 剛紀さん|リンゴのクラフィティ
      4. 佐渡島「Maison de 3s」サガワショーコさん|タタン風キャラメルケーク
      5. おもてはらシェフ|落花生のジェラートとパンナコッタ
      6. 立川カフェ「Stephan &Joe」ステファンシェフ|タルトタタン
      7. 浦和「パティスリー ポルトボヌール」渡邉シェフ|タルトタタン
      8. 「カステリーナグループ」関口 幸秀統括シェフ|アマレッティを詰めた焼きリンゴ
      9. 横浜「HITOTSU」野田 一寿シェフ|カマンベールチーズとリンゴのタルティーヌ
      10. 「旅するコンフィチュール」違 克美さん|自家製ドライアップル
      11. 豊田「WAO!」小野田 裕也シェフ|リンゴのベーコン巻き
      12. 神谷シェフのポトフには栃木ココファームのワインを一緒に
    2. どのリンゴを何に使えばいいの?という方にはリンゴチャート
    3. 応援したい人は農産品をここから買える
      1. 現在の状況は?
    4. 募金・ふるさと納税・ボランティアで応援するには
  2. 2016年イタリア中部地震ではアマトリーチェを応援したシェフたち
    1. 世界一のレストランシェフも参加し、レシピ本も出版
    2. 日本でもアマトリーチェへ支援!サイゼリヤは399円のパスタから100円を寄付
  3. おわりに、僕からも #被災地農家応援レシピ
      1. 関連記事

被災地の野菜と果物を料理して、食べて応援

台風19号千葉県豪雨#被災地応援レシピ ©https://twitter.com/e_flash12

被災地農家応援レシピを始めたのはニースのレストランHANgoûtのオーナーシェフ、神谷隆幸さん。「Twitterのフィードに台風被害に遭った農家さんの記事と、タルトタタンの写真が流れてきたのがきっかけ」と話します。

神谷シェフ一つ目の投稿はこちら。

神谷シェフが続けたtweetがきっかけとなり、多くのシェフ、パティシエ、そしてソムリエの方による #被災地農家応援レシピ の投稿が始まりました。

神谷シェフの提案にシェフ、パティシエが続々と参加

台風19号千葉県豪雨#被災地農家応援レシピ

神谷シェフの呼びかけをきっかけにいくつものレシピがツイートされ、11月に入っても増え続けています。もっと見たい方はtogetterか、 こちらのページへどうぞ 。

※レシピはまだまだ募集中なので、レシピ投稿で応援したい方は #被災地農家応援レシピ でtweetするか、こちらの#被災地農家応援レシピのフェイスブックページ(投稿用)へどうぞ。

作って美味しい助け合い!台風被害にあった農家のために惜しげなく公開されるレシピが全部美味しそう
これぞ神々の競宴

鎌倉のコンフィチュール店「Romi-Unie Confiture」五十嵐 ろみさん|ロゼワインの香りのりんごのジュレ

金沢の焼菓子専門店『BAKE SHOP bien Bake』坂下 寛志さん|タルトポム クランブル

尼崎の洋菓子店「リビエール」西 剛紀さん|リンゴのクラフィティ

佐渡島「Maison de 3s」サガワショーコさん|タタン風キャラメルケーク

おもてはらシェフ|落花生のジェラートとパンナコッタ

立川カフェ「Stephan &Joe」ステファンシェフ|タルトタタン

浦和「パティスリー ポルトボヌール」渡邉シェフ|タルトタタン

「カステリーナグループ」関口 幸秀統括シェフ|アマレッティを詰めた焼きリンゴ

横浜「HITOTSU」野田 一寿シェフ|カマンベールチーズとリンゴのタルティーヌ

「旅するコンフィチュール」違 克美さん|自家製ドライアップル

豊田「WAO!」小野田 裕也シェフ|リンゴのベーコン巻き

神谷シェフのポトフには栃木ココファームのワインを一緒に

栃木県のワイナリー「ココファーム」もブドウ畑の一部が崩れるという被害に遭いました。

どのリンゴを何に使えばいいの?という方にはリンゴチャート

リンゴの品種ごと味の違い使い分け

©APPLE UNIVERCITY

関口シェフから教えていただいたリンゴの味のチャートです。

料理に入れるなら酸味がある方が味の組み合わせは楽しくなりますし、甘いデザートを楽しみたいなら甘さの強いもの、ちょっと酸味欲しいなら…などの使い分けもできますね

応援したい人は農産品をここから買える

台風19号千葉県豪雨#被災地農家応援レシピ

©チバベジ|クラウドファンディングページ

被災農家の果物や野菜をスーパーなどで買うのは難しいのですが、直接買って応援することもできます。ポケットマルシェ食べチョクチバベジの3社には被災した農家の果物・野菜を購入して応援できるページがあります。

産直って、意識高そうで苦手…と思う方も一歩踏み出して、シェフのレシピでケーキやご飯を作る休日も素敵ですよ。

現在の状況は?

Twitter民をはじめとする皆さんのおかげで、多くの食材が旅立っているようです。しかし、ポケマルさんのウェブページによると、1万本ものシイタケの原木が流されてしまったり、今年出荷予定のフジリンゴの8割が全滅した農家さんもいるとのこと。

募金・ふるさと納税・ボランティアで応援するには

#被災地農家応援レシピ台風被害

©産経新聞

こちらも ポケマルさんのウェブページ に詳しいですが、下記のような応援ができます。

被災者支援活動への支援金:READYFOR【台風19号】緊急災害支援プログラム

被災者へおくる義援金:日本赤十字社(令和元年台風第19号災害義援金)

台風19号被災者支援募金をふるさと納税で:さとふる緊急支援募金(台風19号)

ボランティアに参加:全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報ページ

2016年イタリア中部地震ではアマトリーチェを応援したシェフたち

イタリア中部地震アマトリーチェ被災

©https://www.liberoquotidiano.it/

シェフが、被災地を応援する運動と言えば、2016年8月にイタリア中部を襲った地震が思い出されます。この地震は、近年イタリアで発生した地震の中でも2番目に多くの死傷者を出す被害となり、アマトリチャーナ発祥の町「アマトリーチェ」も大打撃を。

世界一のレストランシェフも参加し、レシピ本も出版

アマトリーチェをアマトリチャーナで支援しよう

きっかけを作ったのはイタリア、ローマ在住のフードライターPaolp Campanaさん。各地のレストランに対し、アマトリチャーナをレシピに加え、一皿ごとに2ユーロ(お客さんから1ユーロ、お店から1ユーロ)を寄付しようという企画をFacebook上で呼びかけ、大きな反響に。

スローフード運動の創設者カルロ・ペトリーニ(Carlo Petrini)さんや、イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリバー(Jamie Oliver)シェフも賛同して世界的な運動になりました。ハッシュタグは #EatForItaly 。

翌2017年には『アマトリチャーナ』 Amatricianae Grandi Chef italiani insieme per Amatriceという本が、出版されました。

2018年世界ベストレストラン1位の「オステリア・フランチェスカ―ナ」シェフのマッシモ・ボットゥーラシェフ、アルマの三ツ星ピッツェリア「ピッツェリア・ドゥオーモ」のエンリコ・クリッパシェフをはじめ、イタリア中の名だたるシェフがアマトリーチェのために「アマトリチャーナ」のレシピを公開しています。

日本でもアマトリーチェへ支援!サイゼリヤは399円のパスタから100円を寄付

イタリア中部地震サイゼリヤアマトリチャーナの故郷を救え

©https://www.saizeriya.co.jp/

日本でこの活動に賛同したレストランも多く、印象的だったのはイタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」が399円のパスタの売上から100円を寄付というニュース。

また、Facebookに立ち上がったグループ「イタリア中部地震情報~アマトリチャーナの故郷を救え」は現在も活動を続けています。

おわりに、僕からも #被災地農家応援レシピ

台風19号千葉県豪雨#被災地農家応援レシピ

©tomoe murakami

簡単ですが、僕からも1品だけ紹介します。

カブとリンゴのサラダ カブ(中1)リンゴ(半分)をひと口大に。
クレソン2本は5㎝長、カブ菜なら5㎜に。生ハムスライス2枚も食べやすく切る。
全てボウルに入れて塩一つまみ入れて軽く混ぜ、パルメザンチーズ大さじ1オリーブ油大さじ1をふって完成。

調味料は、カブとリンゴから水分引き出す塩だけ。リンゴの酸味と生ハムの塩、旨味、カブの柔らかい味にちょっとチーズで味を加えてます。

クレソンがなければ代わりにカブ菜を軽く塩もみしてから使うのがおすすめ。
生ハムがなかったら塩焼きした豚バラ肉でも。その場合は粉チーズいりません。

セーヌ川夕景雲間から夕日

このように大きな被害が出て、すぐにみんなが立ち直れるとは思えません。でも、Twitterから始まった#被災地農家応援レシピの活動は、雨雲から光がさすような明るい知らせです。

ぜひ、被災地の産品を買ってみたり、togetterから見つけた気になるレシピをRTしてみてください。RTだけでも支援になります!

レシピ投稿で応援したい方は #被災地農家応援レシピ でツイートするか、こちらの#被災地農家応援レシピのフェイスブックページ(投稿用)へどうぞ。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました