yu1ro_

つれづれ

湖畔荘 ケイト・モートン

森と草の匂い、古い家の埃 まだ祖母と自分たち家族6人で暮らしていたころ、 夕方までに帰ってくるといった自分を除く家族が帰ってくるのが遅く どこかに行ってしまったのかと思い、とても淋しくなり泣き出した。 一人でいるには二階建ての家...
タイトルとURLをコピーしました