【パリみやげ】男性向けのフランスお土産!貰って嬉しい超おすすめ10選

おみやげ

男性に喜ばれるお土産って難しい、そう思いませんか?

そしてあれをけんちゃん、これを課長に、両親には…と考え始めるときりがない。

今日はタイプ別、男性に喜ばれる「ボンマルシェですべて揃う」お土産を10種類ご紹介します。

二時間で買い物を終えましょう。

旅先の時間は買ってでも増やせって昔の人が言ったとか…(笑)

スポンサーリンク

「さくっと紹介」ボンマルシェとは

ボンマルシェは1852年にパリで開店した、世界初の百貨店。

アリスティド・ブシコー、マルグリット夫婦が

「五感がふるえるような、まったく新しい店を作りたい」というコンセプトではじめたお店。

ルイ=シャルル・ボワローとエッフェル塔で知られるギュスターヴ・エッフェルによる店舗は

いま見てもなお美しい。

庶民のぼくから見ても、別格。

ゴミゴミしたラファイエットと比べて、買物の楽しさが段違いです。

最近買ったのはバースデーカードと絵葉書のみ(笑)

1984年から、あのLVMHグループの一員になっています。

スポンサーリンク

メンズにおすすめのおみやげ

さて、さっそくお土産に入りましょう。

※フロア数は日本表示しています。

3階→フランスの2階です。ご注意を!

友達へのおみやげ 5~70ユーロ

【食品館一階】美味しいものが大好き…エシレバター◇3.4~4.5ユーロ

エシレバターは、家でトースト焼く人、料理する人にはもれなく喜ばれます。そして時々ボンマルシェでは割引して売っているのでおすすめ!

一度フランスのバター食べると、日本のバターがとても淡白に感じちゃうので、ある意味では人を不幸にするおみやげかもしれません(笑)

※保冷バックに詰めるだけだと型崩れしやすいので、発泡スチロールの保冷ボックスに冷凍したバターもしくは氷と一緒に詰めて持ち帰るのがおすすめ。

お土産渡すときも、バターはジップロックに入れて冷凍した状態で、保冷剤と一緒に保冷袋に入れて渡すのがおすすめです。ちょっとめんどくさいけど、絶対喜ばれますよ!

created by Rinker
アズワン(ナビス)
¥608(2019/09/07 00:27:57時点 Amazon調べ-詳細)

エシレバターについて、ちょっと詳しくなりたければ「エシレのすすめ」の記事をどうぞ。

【建物外】甘いもの好き…Hugo et Victorのチョコレート◇11ユーロ

文豪ビクトルユーゴーの名を冠したチョコレートの名店。

実はここだけ、ボンマルシェの外にあるのです、すみません。

歩いて3分の距離なので許してください(笑)

文豪の名に恥じぬこのケース、かっこいいし、本当に美味しいチョコレートです。

先日の帰国の時に母にプレゼントしました。長男は年に一度のみの帰国…「ああ薄情」

お店はこちら

Hugo et Victor

10時から夜7時まで営業 無休 土曜は9時開店 金土は夜8時まで

【本館地下1階】おしゃれで少し特別な友達に…KITSUNEのTシャツ◇70ユーロ

パリ旅行を口実に、少しいいものをプレゼントしてもいいのでは?

だってパリですから。

KITSUNEのTシャツはいつ見てもおしゃれです。

それを着ているフランス人の店員さんがまたかっこよくて…残念、平たい顔族のぼく…

くわしくはこちら

【食品館地下1階】お酒が好きな男性に…プラムのブランデー◇42ユーロ

フランスはワインはもちろん有名ですが

オー・ド・ヴィなど、果実由来の蒸留酒も有名です。

こちらのプラムから作ったブランデーはオーク樽で10年以上寝かせた薫り高き品。

ちょっとだけ高いけど、いつも助けてくれる友達に買ってあげてもいいかも。

くわしくはこちら

【食品館地上階】PCを持ち歩く友達に…PERIGOTのPCケース◇10ユーロ

スタバでおしゃれにマックで作業する友達にはPERIGOTのケースがおすすめ。

個人的にはこのエヴァカラーがイチオシですが、

白×グレーのモノトーン、赤×オレンジの展開もあります。

くわしくはこちら

上司

お世話になっている上司の方に。

邪魔にならない程度でお土産を贈るなら、と考えました。

【食品館0階】料理好きな上司…フルールドセルとトリュフ塩◇8,75+13ユーロ

料理好きな方や、奥さまが料理を好きならフランスの塩もおすすめ。

フルールドセルは星付きレストランなどでも使われる塩の結晶です。

ステーキ、参鶏湯、天ぷらなど、そのまま口に入るときにおすすめ。

くわしくはこちら

塩だけだと寂しいと思ったら、トリュフ塩もつけてあげると喜ばれますね。

こちらはシンプルに焼いたじゃがいもとか、バターで焼いたホタテにぴったり。

何を焼くにしても、バターを最後に入れると美味しくなります。

トリュフは油分との相性がいいですから!ポテチにかけても最高です(笑)

くわしくはこちら

【本館3階】おしゃれで文房具が好き…LAMYのフランス限定モデル◇22ユーロ

LAMYラミーヨーロッパ限定色

アジア限定のLAMYがあるように、ヨーロッパ限定モデルもあるんです。

こちらは2012年に出た限定色を、ヨーロッパ限定で復活させたもの。

文房具好きなら、見たことないLAMYには喜んでくれるはず。

トリコロールじゃないんだ…と思わないでください。

モノクロの文具の中にこの差し色の万年筆、おしゃれでしょう?

これ持ってクリエイティブな会議に出たい!(ミーハーな役立たずですみません…)

こちらはAmazon

【食品館地上階】ワインが好きな人…トリュフはちみつ◇12ユーロ

先日わが家で開催したワイン会の時にかわいい料理人の女性(!!)が持ってきてくれた逸品がこちら。

トリュフオイルとかトリュフ塩ってまぁ、よくあるんですが(上でおすすめしてますが 笑)

このはちみつをクリーミーなチーズに合わせると最高なんです。

その時合わせたのはブリアサヴァランですが、クリーミーなカマンベールとかでもいいかも。

一度食べると驚きますよ!

僕も先日の帰国時に棚にあった7個をすべて買いました(笑)

くわしくはこちら

両親

【食品館地下1階】ワインが好き…感謝を込めてちょっといいワイン◇30~70ユーロ

誕生日が近いならシャンパーニュもいいですし、ここは本当に好みですね。

ご両親の好みを伝えればいいでしょう。

表現は英語で大丈夫です。

赤「heavy」重い「light」軽い「acid」酸味「sweet」甘い「dry fruits」ドライフルーツ

白「heavy」重い「light」軽い「mineral」ミネラル感・すっきり「oaky」樽の匂い「fresh」爽やか

このあたりの表現を使うと、ある程度伝えられるかと。

そして、badget/バジェット/予算を伝えるとスムーズですね。

くわしくはこちら

【食品館2階】ご飯が好きな方…プジョーのペッパーミル◇37ユーロ

胡椒はやっぱり引き立てが薫りが立って美味しいです。

え?なんでプジョーが料理道具?偽物??とか言わないでください。

トヨタ自動車が昔織物の会社をやっていたように、プジョーも実はもともと金物製造の会社。

レストランにおいてあるミルもひっくり返して覗くとプジョーって書いてるの多いんです。

(モテたくて集めた豆知識 笑)

くわしくはこちら

 【本館3階】かわいい絵葉書を現地から◇6~10ユーロ


ボンマルシェに入っている文房具店はさすがの品ぞろえ。

とてもおしゃれで質が高いです。

ここでカードを買って実家に送っても、友達に買ってお土産にしてもいいですね。

送り方はこちらをご参考に(家に着くのは1週間後くらいです)

たとえば、アンジェリーナのチョコレート缶など

ギフトセットがいろいろあるので、こちらのリンクから見つけてもいいですね。

スポンサーリンク

買えるお店 Le Bon Marché ボン・マルシェ百貨店

24 Rue de Sèvres, 75007 Paris

地下鉄10・12番線 Sèvres – Babylone セーヴル・バビロン 徒歩2分

01 44 39 80 00

10時から夜8時 無休 木曜は8時45分まで 月曜11時から7時45分まで

サクッとばらまき効率よくお世話になっている多くの方へ買うならモノプリもおすすめです。

MONOPRIXおみやげ10選がこちら

ちょっと待って、近くにモノプリあるかなって探すならモノプリ完全ガイド

MONOPRIX完全ガイド

子どもいないから毎回悩むけど、必ずおいっこ・めいっこへのお土産を買う僕が行くお店

とくにプティバトーのアウトレットは安すぎるので要チェックです。

お子様へのお土産を買える6軒

いくら両替していくか迷ったらこれも読んでみてください(ほぼ両替不要説)↓

フランス旅行ならユーロ両替・キャッシング・カード決済どれがおすすめ?空港両替は損?
海外旅行では買い物やチップなどで現金を必要とすることも多いです。でも、空港で両替してませんか?実はもっとおすすめな方法があるんです。空港にある銀行での両替・日本の両替所・クレジットカードの両替手数料を比べて見つけた「一番お得な方法」を教えます。

パリ旅行・パリ滞在に必ず役立つまとめがこちら。

治安・移動・デモ・郵便・おみやげ・マルシェ・クロワッサン・レストラン情報など役立つ記事をまとめました。気になることがある人はぜひ↓

役立つブログ記事まとめ


おみやげ
スポンサーリンク

あなたへのおすすめ!

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ!

役に立ったと思ったら、シェアしてくれると嬉しいです!
あざらし奥さんとパリ暮らし
タイトルとURLをコピーしました