パリ旅行、1週間あったら何がおすすめ?日帰り旅行や一泊旅行など

パリ一週間プラン近郊旅行 あなたのための

パリに一週間?いいねー!1週間の旅行ってめっちゃ楽しいよね。何でもできる気がする。何でもできるけど、予定ちゃんとしないと気づいたら終わってたりもするよね(笑)満喫して帰れるよう、少しだけでも役に立てるよう、いろいろまとめました。

おすすめゆっくりパリ近郊
サヴォア邸(ル・コルビジェの建築)・モン サン ミッシェル・ジヴェルニー(モネの庭園)
シャンパーニュで一泊・シャブリで一泊(フランス最高のレストラン)
ぜひ行ってほしいパリ市内の場所
サクレクール寺院・オルセー美術館・オランジュリー美術館・ルーヴル美術館・凱旋門・ノートルダム寺院(無理かも…)・セーヌ川を眺める・川沿いか芝生でピクニック・美味しいレストラン・蚤の市・マルシェに行って料理
1週間いるならここは節約
パリはケバブや中華も美味い・パン屋やピクニックごはんも楽しむ・ポケットWi-Fi借りるよりSIMカード・電車賃も節約・洗濯するならコインランドリー

パリ近郊観光

パリ市内だけでも見どころたくさん。でも、パリから少し足を延ばすって、1週間くらい滞在してないとできないこと。パリだけじゃないフランスを楽しんでほしいな。

サヴォア邸(ル・コルビジェの建築)|所要時間:4時間

インテリアや建築が好きだったら必ず行ってほしい。こっちの記事にまとめたけど、パリのどこからでも移動時間含めて4時間あれば満喫できるよ。竣工が1928年だからもう90年以上昔だけど、この土地あったらこの建物建てたくなる設計。

往復4時間・交通費、入館料あわせて 25ユーロ/人

モンサンミッシェル:丸一日(7時から21時くらい)

時間に余裕があったらぜひ。海の先に島の教会がつながっている風景は、奇跡を感じる。オムレツは味としては食べなくてもいいけど、「やっぱりいまいちだった」って言いたいために食べて後悔してる(笑)バスツアーで行くのが楽でおすすめ。

ジヴェルニー(モネの庭園):半日8時から13時くらい

特に天気のいい4~6月と9・10月におすすめ。ジヴェルニーに行ってから翌日にオランジュリー美術館に行くと、不思議な気持ちになるよ。モネの睡蓮の部屋で10分同じ絵を眺めていると吸い込まれるから試してみて。

デモが多い土曜とかに早起きしてバスで行くのがおすすめ。
(デモの中、市内観光はストレス多いし、電車が運休したり、駅が閉鎖したりします)

シャブリへ一泊二日(フランス最高のレストラン)

シャブリは少し遠いので、一泊二日がおすすめ。ここに行くのはワインを買いに、ではなく一番の目的は長浜シェフという天才の料理を食べるため。地元の人に愛されているお店の雰囲気は素晴らしいし、ヨーロッパの中でも本当にトップクラスのシェフ。すっごい面白い。

上にホテルもついていて、こちらは浴室広いし、部屋もかわいくてすっごく快適な滞在ができる。オーセールの駅から平日朝晩しかバスがないので、基本的にタクシーです。

移動:パリ⇔オーセール 120ユーロ
オーセール⇔シャブリ 70ユーロ
ホテル:Hotel Du Vieux Moulin 125ユーロ
レストラン:Au Fils Zinc おまかせコースとワイン1本 200ユーロ

予算 450€~/2人

シャンパーニュへ一泊二日

シャンパンが好きだったらシャンパーニュもおすすめ。ランスまでTGVで1時間弱で行けるよ。モエシャンドンのワイナリー見学から、街中のシャンパンテイスティングまでいろいろな楽しみ方がある。夜になると、ランスの大聖堂がライトアップされたりしてすごく楽しい。

移動:パリ⇔ランス 30ユーロ
ランス⇔エペルネ 10ユーロ
ホテル:100ユーロ
シャンパーニュテイスティングバーなど:30ユーロ
昼・夜ごはん:25+50=75ユーロ

予算 250€~/2人

Booking.com

逃さないでほしいパリの6つの観光スポット

パリの有名観光地なんて興味ない。って思ってたんです。でも、やっぱり美しいし訪れるたびに感動するのがこの6つ。ぜひ行ってみてほしい。一日で観光を終わらせたいならこのページもおすすめ。

サクレクール寺院

ここは寺院の美しさだけじゃなくて、塔を登ってパリ市街を見晴らす景色が最高。パリ全体が一番きれいにみられるのはここじゃないかな。少し坂を下っていくとアメリの撮影に使われたカフェなども。あの絵はあるけど、料理にも飲み物にも気持ちがこもってないのでコーヒーだけで十分。

オルセー美術館

絵は詳しくないんだけど、印象派っていいなぁって思ったのはオルセー美術館がきっかけ。日本だったら一作品来るだけでぎゅうぎゅうに人がひしめいて、ゆっくり見られないようなモネやルノワール・スーラなんかの大作をゆっくり見られる。

オランジュリー美術館

睡蓮の部屋は別の世界に来たみたい。絵の前でゆっくりしているとだんだんと絵の中の水面が揺れてくるようにも感じます。ソファに座って10分以上眺めながら考え事をするのとか、最高。ぜひ試してみてほしい。

ルーヴル美術館

「モナリザ・サモトラケのニケ・ミロのヴィーナス」この三つはすごく人気で、周りで記念撮影をしようとする人がたくさんいるので、まぁ、見たらいいと思います。見て、一枚でも写真撮ったら十分。セールでの買い物が得意で大好き!って人じゃなければ人酔いします。

僕がゆっくり見たいのは、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」やジャック=ルイ・ダヴィットの「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョセフィーヌの戴冠」のあたり。この二つもすっごい有名なだけあってものすごい迫力。巨大な作品なのに、一筆ずつの気持ちの入れ方が恐ろしいです。

凱旋門

放射状に計画されたパリの都市計画を楽しめるのがこの場所。そして、エッフェル塔もすぐ近くに見えるし、ここに上ると、パリに来た感じがする。

昼もいいけど、夜遅めの時間に行けば車のテールランプが広がっててとてもきれい。日没時間からはエッフェル塔が毎時0分から5分までキラキラ点滅するのでそのタイミングに登れるといいかも。

ノートルダム寺院(2019/4/15の火事につき閉鎖)

記事を書いているちょうど今、ノートルダムが大火事で、4時間たっても消化されていないので2025年、いやもっと長いことノートルダム寺院は閉鎖しちゃうかもしれません。バラ窓も本当に美しかったんだけどな…見てほしかった。

パリでこれは経験してほしいこと5つ

セーヌ川を眺める

シェイクスピアカフェでコーヒー買ってきて、セーヌ川を眺めるのは最高。旅先で少しでもゆっくりする時間を持てると、その旅行がよりよいものになるよね。なんだろう、旅行に納得できる。

川沿い・芝生でピクニック

お腹が空いてたらパンとワインとチーズとか買ってきて、セーヌ川沿いやアンバリッド前の広場、リュクサンブール公園でピクニックするのも最高。5月から9月が一番気持ちよいよ。夕方からは急に冷えるのでダウンジャケット持って行っても後悔しない。

美味しいレストラン

一軒だけでもいいから素敵なレストランに行ってほしい。三つ星で修業したシェフの○○さんはやっぱりソースの深みが…みたいなめんどくさい話は置いておいて(笑)一軒だけ行くならVirtusを薦めるなぁ。いま、一番勢いあるシェフ。料理の勢いと鮮やかさが格別。

蚤の市

そうそう、知ってる。興味がない人は全く興味ないよね…でもね、古本とか食器とか、アンティークのおもちゃとか、ビーズ細工のブローチとか、めっちゃ可愛いよ。あ、それでも興味なければ結構です。ボンマルシェをお勧めします(笑)

マルシェに行って家で料理

Airbnbの人に限定されちゃうけど、マルシェに行って家でご飯作るのは最高の体験。ホテル滞在でも、マルシェでチーズと果物を買って、部屋でワインパーティするのも楽しいよ。僕もよくやります。チーズと生ハム、プチトマトと皮むかないで食べられる果物と白ワイン!

チーズはカマンベールでもいいし、ミモレットみたいな凝縮系、臭いチーズ好きならウォッシュのエポワス、ヤギのチーズもいろいろあるから、お好み次第で。

1週間の滞在ならここは節約しよう

パリは中華やケバブも美味い(一食5ユーロ~)

パリはもちろんフレンチが旨いし、素材の旨さも最高だけどけっこう高くついちゃう。例えば中華のドゥーフォアだったら一食15ユーロとかに収められるし、ケバブだったら5~8ユーロ。あとはマレの西側にある中華の家常菜館もおすすめ。

パン屋やピクニックを楽しもう(一食5ユーロ~)

昼ご飯はパン屋のイートインとか、ピクニックが楽しいし満足感高いよ。クロワッサンの有名店Ble Sucreはお店の外にテラス席があるし、PAULはイートイン席があるお店が多い。サンジェルマンのとこなんか、内装もとても素敵

もちろん、芝生の上で食べるのも最高、ウェットティッシュ持ち歩いていると何かと便利かも。

ポケットWi-Fi借りるよりSIMカード(3,170円)

イモトのWi-Fiとか、一見やすそうな広告出してるんだけど、安心保障とかいろいろオプション付けると結構高くなっちゃうよね。プリペイドSIMカードの方が結局お得。詳しくはこちらの記事

SIM2FlyのプリペイドSIMだと4G回線で4GB/15日間有効 3,170円

メトロは一日乗り放題のMobilis(7.5ユーロ)か一週間定期

僕は普段、メトロは回数券を使ってます。一回の乗車で1.49ユーロ。5回乗る予定が決まってたらMobilisでいいと思う。

5回以上の移動予定がある日はMobilis【7.5ユーロ】がお得
Mobilisに記入するもの

Mobilisは自動販売機で買えるけど、使うときに日付と氏名を記入するの忘れたら危険。日付が日本とは違い、日/月/年という順になってるのにも気をつけてね。

Navigo 一週間という選択肢も

月~水曜から一週間滞在するならNavigoの一週間パスでもよいかも。月曜から日曜まで使えて21.25ユーロ。空港までのロワジーバスも乗れるので、この往復だけでも元が取れるよ!こちらのブログが詳しい

月~日曜日のうち3日以上パリ観光するならNavigo Semaine【21.25ユーロ】がお得

洗濯するならコインランドリー

洋服をいろいろ持ってき過ぎたり、予期せぬ着替えをしたりしたら洗濯へ。ついついファストファッションで書いたしたりしちゃうのだめだよね‥実は、パリの屋根裏に下宿する人の家には洗濯機が置けないので、コインランドリー充実してます。

この地図にもマッピングされてるけど、最近はもっと増えてる。Laundromats near meでGoogleマップに聞いてみて。

コインランドリーの使い方はこのブログ。一回4~6ユーロくらいかな。

おわりに

日本からパリは少し遠い。フランスの地方へはもっと遠い。せっかくパリに来るのだし、ただのパリ観光だけじゃない、今回しかできない滞在を楽しんでね。行きたかったなぁって後悔はもったいないからね。

タイトルとURLをコピーしました