フランスから日本への帰任引っ越しを振り返り【2019/6】

日本に戻って二週間、ざっと帰国前から、落ち着いて生活を始めるまでの振り返り。

赴任前の方や、駐在からの帰国を予定している人に参考になると思うので書き留めておきますね。ちょうど同じころに渡仏していた人、Twitterでお見掛けしていた人たちも帰国しはじめてます。年度終わりのバカンス時期に帰国する人も多いみたい。みなさんの参考になれば嬉しいです。

帰国前にやっとけばよかったこと

メルカリで売れるものを買う

フランスの口座から日本口座への送金はTransferwiseで決まりだと思っているのですが、こちらは「手数料を減らす」だけのもの。メルカリで日本未発売のブランド品などを購入すると、手数料引いても1.5倍くらいの日本円になります*。

*あまり大量に持ちこむと、転売して商売するんじゃないかと疑われるので、お土産と思える範囲内かつ、高額のものは避けた方が無難。単品で20万円以上のブランド品などの新品は気をつけましょう。僕が目をつけたけど変えなかったものは、例えばパリサンジェルマン×マイケルジョーダンのTシャツなど…

フランスの調味料を買う

ふと、スーパーで塩を買おうとすると、棚の下の方に並ぶフルールドセル。フランスの倍以上の値段で売られていたリ、オリーブ油が高かったり…塩は悪くならないし、多めに買ってきても良いでしょう。

きちんと冷やした状態で持ってこられそうなら、ぜひバターも!(フランスのバターに慣れると日本のバターが物足りません…)

フランスの化粧品を買って手荷物持ち込み

帰国してから奥さまがクラランスのマッサージクリームを買いたいと(笑)今から帰る人は夏にほしくなる化粧品、秋口に買いたくなりそうな化粧品なども買ってから帰国した方がいいかも。

僕もアレッポ石鹸など使っていたのですが、これも買っておけば良かったなぁ…あまりたくさん使わないけど、半年くらいしたら欲しくなると思います。

もちろん、日本には資生堂・DHCなど、いい会社もあるので買わなくてもいいです。

手荷物・航空便・船便の振り分けが甘い

スニーカー・サンダル・雨靴などの一部が船便で来る予定…夏服は手荷物で持ってきたけど、足元が足りない…直前に購入した奥さまの化粧品も手荷物に入れればよかったのだけど、船便に入れちゃったり、振り分けの甘さが痛いです。引越し直前に遊びすぎました…

無理してでも航空便や手荷物で持ってきたらよかったなぁ‥と思っても遅いですからね。

帰国前にやっといてよかったこと

パリ・ヨーロッパ観光

引越し前の最終週まで、フィレンツェやセビリアへ行ったり、パリではユーゴ・デノワイエのお肉を食べ、プラザアテネのアフタヌーンティなど、かなりパリを満喫して帰ってきました。

バタバタしたけれど、あれだけ旅行したのでしばらくはヨーロッパへの旅行熱は収まりそう。代わりに日本各地へ行ったり、アジアの旅行が増えそうですが(笑)

水道

水道開通の申し込みはウェブからできます。居住地の水道局からの申し込み。僕は東京都なのでこちら、東京都水道局から申し込みました。

電気→電力会社切り替えで安くなる(8,000円/月→7,200円/月)

電力自由化のおかげで、電力が少し値下がりしています。自然電力という会社を使うと電気代が10%の割引に加えて、僕が申し込んだ時点では契約半年後に8,000円のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンやってます。

郵便

郵便ID作っておくと郵便物が届くようになるので便利。

LINE連携すると、配達予定などのお知らせも来るので超便利。ちなみにヤマト運輸もLINE連携できる。これすっごい便利です。前日、LINEに連絡が来て、時間帯の調節ができます。

Amazonで新生活セットの宅配

初日から買い物に行くのは大変だし重たいものばっかりになるので、必ず使うものは宅配しちゃいました。この一カ月はAmazonPrimeのありがたみ半端ないので、一カ月だけでも加入しておくと楽です。プライム会員と一般会員で値段違うし、送料が無料なのでかなり助かる。

入ってない人はこの一カ月だけ入ってみたら良いかと…

AmazonPrime(初月無料無料)

Amazonしたものリストを記事下に書いているので、必要そうなものはカートに入れておくなど、準備しておきましょう。

これからやらなきゃいけないタスクの残り

航空便引越しの受け取り(集荷から3週間後)

29日に集荷して、ぼくらは日に入国、そして航空便の到着予定が最短で19日。水曜日はバタバタしちゃうことが多いので、来週24日(月)に到着予定。引越し書類に一部記入漏れがあったので少し遅くなりました。

船便引越しの受け取り(集荷から3か月後)

8月の末ごろに到着と聞いています。そのころになると、特に困ることなく生活してるので、届かなくてもいいって思うくらい(笑)

LCL銀行口座の解約と日本口座への送金

閉鎖の手続き自体は担当者へメールするだけで終わります。その際、いつまで口座を残しておくのか、などを伝えます。

わが家は6月から日本帰国、電気代の請求など含めて、もろもろの請求が完全に終わっているであろう8月末をめどに、LCLの口座を閉鎖します。閉鎖するときは日本の口座へ為替送金してもらうという手段もありますが、Transferwiseを使いましょう。

直接国際送金
LCL→MUFJ:21,540円*Transferwise経由送金
LCL→MUFJ:7,893 円MUFJ銀行側の手数料:1.5×1万円の為替手数料+受取手数料1,500円=16,500円。
LCL銀行側の手数料: 取引ごとに37€の手数料と為替手数料(75 000€以下の場合0.05%)
→1.5×10,000+1500+37×120+10,000×0,0005×120
送金手数料はここで確認できます

グーグルアドセンスのアカウント閉鎖と開始

フランスの住所でグーグルアドセンス(↓こういった広告)のアカウントを作っていたのですが、これだとフランスにある銀行口座のみへの振り込みになっちゃいます。N26というドイツにある銀行の口座を持っているのですが、ドイツじゃいけないんですって…

アカウントの確認は郵送だったので、最初から日本アカウント作ればよかったのかなぁ…実家に住んでいることにして、実家宛に確認コード送ってもらえばよかったのかと思ってます。

8月末に銀行口座を閉鎖するということで、6月末までにフランスのアカウントを閉鎖して、日本アカウントを開設します(読んでくれるみなさんに不便になることはありません)。

日本に帰国してここが面倒だったこと

運転免許証をもってないから出来ないこと

写真付き証明書ってのが必要な手続き多いですよね。海外にいると住所付きの滞在許可証を持っていたので、それで事足りたのですが日本で免許証も、マイナンバーカードも持っていないと携帯契約から、銀行口座の開設や、住所変更などができません。

マイナンバーカード作っておけばよかったーと思います(笑)ちょうど通知カードが発行されたころに出国したんですよね…

携帯契約の手続きが面倒

SNSでの通信量が多いわが家なので、SIMはLINEモバイル一択でした。ただ、上にも書いたのですが運転免許証・マイナンバーカードがないので住民票とパスポートを合わせて提出しないと契約できず…

到着したのが日曜→月曜に引越しと戸籍謄本の取得→火曜日に住民票の入籍と住民票取得→ようやくビックカメラのLINEモバイル窓口でSIM購入

運転免許証など、住所が入った免許証があれば、ネットから申し込みができるので、帰国日にホテルや実家に配送する用に申し込んでおけばスムーズです。

という流れでした。マクドナルドやスターバックス、大きな家電量販店など、Wi-Fiスポットがあるものの、正直SIMカードがない状態の生活はかなりストレスフルです。

家の光回線が開通するまでに時間がかかる

申し込んだら翌週には光回線が開通すると思っってました…最初に申し込んだNURO光、ウェブで調べてもわからなかったのですが、工事が2回あり、1回目の工事から開通まで2~3ヶ月かかるとのこと(工事業者さん談)。

NURO光(ソネット)は5/30申し込み→6/12一回目の工事→8月開通見込み

フレッツ光(ソフトバンク)は6/12申し込み→6/24開通見込み
※6/19頃ソフトバンクエアーまたはポケットWi-Fiがつなぎとして送られてくる予定。

ここ数日は縛りなしWi-FiというポケットWi-Fiレンタルを導入しています。名前の通り、最短一か月で解約できるポケットWi-Fi。一日の通信料が3GBまでだけど、PCする分には大丈夫。1か月で使えるので、帰国前に手配しておくと、到着初日から安心かもしれません。

(身分証の確認などはありません、クレジットカードの登録のみ)

日本に帰国してやっぱりよかったこと

引越しは面倒だなぁと思うものの、日本最高!って思う部分も多いので、最近感動したことをいくつか書いておきますね。日本に住んでると忘れちゃうこのありがたみ。

ご飯が美味しい

まず、ごはんがめっちゃ美味しい。お米という意味でも美味しいし、和食全般の満足度が超高い!コンビニのおにぎりや納豆巻きでさえ、これこれ!これ食べたかった!と感動しました。

ビールもいろいろ試したけど、やっぱり黒ラベルが一番好きです。ハイネケンより1664よりヒューガルデンより、黒ラベルです(笑)コンビニでいつでも買えるのも最高ですよね、仕事で夜遅くなっても帰りのコンビニでビールとおにぎり買ったりできるのは日本ならでは。

日本の食材が安い

ニラや茗荷、大葉や豆腐、お米や納豆がめっちゃ安い!ニラ一束6ユーロとかでも買ってましたからね。どうしてもニラが食べたいときにはやむを得ないです。

しかも、父親が定年を迎えた後に野菜を作り始めたので、野菜と味噌を送ってくれるので野菜には困りません!フランスでもフランスの食材を使って上手いことやろうと頑張ってたけど、どうしてもレパートリー偏ってたけど、いまや和韓中なんでも作れる!最高です。

もちろん、西洋食材は高く、スーパーでタイムは売ってないし、バジルやコリアンダーなども高いし、マスタードなども高いです。が、僕らは洋食よりも和食の方が好きだったので特に問題なし。

少しだけ残念なのは牛肉の味が薄いこと、バターが薄いことです。

銀行・役所・運送業者が丁寧

区役所の人たちも、こちらをお客さまと呼ぶし、銀行に行ってもアポイントなし*で住所変更やインターネットバンキング開始の手続きができるんです。

クロネコヤマトさんや、日通さん、Amazonの配達の方は時間通りに来るし、常に丁寧。ヘタしたら家にいても不在扱いで持ち帰っちゃう配達員がいる国から戻ってきたので驚きました。

*フランスの銀行では(RDV ランデヴー)なしに口座開設やネットバンクの相談などはできません

付録:Amazonしたものリスト

総額で2万円以上になりましたが、新生活始めてすぐに買い物行かずに、必ず必要と思われるものを宅配しておくのはかなり重要。これで半日以上短縮できました。
ちなみに、Amazonさんは住民登録してなくても配達してくれるので、それもまた便利*

*郵便局の場合はモノによっては配達してくれません…(特に外国人名だと、確認書類送ってからの配達になることが多いとのこと:郵便局員談)

掃除用品

衛生消耗品

食品関係/調味料

キッチン消耗品

タイトルとURLをコピーしました