パリの中華の定番 Deux fois plus de piment に行ってきた

妙に中華欲が高まる時期があるもので(笑)

奥さまの提案を即決して行ってきました。

パリの中華料理といえば「Deux fois plus de piment 」

今回も美味しかったー。

でも、料理名からは内容が理解できないので、ベストな組み合わせが決まってません。

食材とか、スープなのか炒めるのか、辛いのか、はわかるけど)

今回良かったのが、こちら魚香茄子

油通ししたナスを豚のひき肉と一緒に甘いみその餡でからめています。

魚香とは書くものの魚の料理ではありません。

むかし、魚の匂い消しに入れていた味付けのことを魚香と呼ぶそうです。

この料理は魚香肉絲。

豚肉の千切りときくらげ、筍のみそ炒めはシャキシャキした食感はいいのですが、

僕らには少し味が濃かったです。

 3

ぼくはここで頼む飲み物は

ビールか豆乳(3)と決めています(笑)

最初は甘い豆乳に慣れなかったのですが、はまると美味しい、病みつきです。

 

今回は頼まなかったけど、ここで一番気に入ってるのは川味酸菜魚。

野沢菜みたいな白菜の漬物と、タラ系の白身魚のスープです。

これを辛さ2でお願いするのが鉄板。

 

※ここは辛い料理の時は辛さ指定をします

0辛:Pas Piment/パ・ピモン 1辛:Un Piment/アン・ピモン

2辛:Deux fois de Piment/ドゥーフォアドゥピモン….)

 

3辛以上は危険です。

一度挑戦したけどほぼ食べられず持ち帰って調理しなおしました(笑)


そして、口安めにブロッコリーを頼んでおくと安心です。

シンプルにニンニクと旨味がきいたブロッコリー、美味しいです。

店員さんは英語・フランス語・中国語が話せるのも安心。

中華料理店だと英語が通じないこともありますから。

 

ちなみにテイクアウトやUBEReatsという選択肢もあります。

近くに泊まる方や、家で食べたい日にもぜひ(笑)

 

UBEReatsは配達エリアが限られているので7区には配達してくれません。

外で受け取ることもできるので、

買い物のついでにカフェでお茶しながら配達を待って家に帰るのもありですね。

 

このPluss de Pimentグループは

Trois Fois de plus Piment(麺専門店)

Cinq Fois de plus Piment(点心などがメイン) を展開しています。

でも一番いいのは原点、Deux Foisです!


@plus.de.piment

(水餃子だけは3Foisの方が美味しい、抜群に)

Deux fois plus de piment ドゥ―フォアプリュスドゥピマン

33 Rue Saint-Sébastien, 75011 Paris

9番線 サンタンブロワーズ・5番線リシャール・ルノワール

8番線 Saint-Sébastien – Froissart 各徒歩4分

01 58 30 99 35(英語・中国語・フランス語)

火曜から日曜 12:00~14:00 18:30~22:30

Deux fois plus de piment - restaurant de Sichuan
Deux fois plus de piment - restaurant de Sichuan、パリ - 「いいね!」1,844件 - Notre nouvel horaire d'ouverture : 12h-14h 18h30-22h30 Mardi - Dimanche SAUF lundi
Trois Fois de plus Piment トロワフォワピマンの記事はこちら

パリ一番の麺類 TroisFois

タイトルとURLをコピーしました