パリで話題の肉レストラン「BRUTOS / ブリュトス」

BRUTOSブリュトス@パリ南米料理レストラン レストラン

パリでお肉食べに行きたい、おしゃれで前菜から楽しめるお店を探してる?それならBRUTOSですね。コートドブッフの美味しいお店、というのでフランスの雑誌が取り上げていたお店。お店の人の雰囲気もすごくいいし、内装も素敵。もちろん料理も、とっても美味しかった。おすすめです。

スポンサーリンク

お店の雰囲気・料理の特徴

パリのメトロ駅Saint Ambroise(サンタンボワーズ)駅

お店の最寄りはSaint Ambroise(サンタンボワーズ)、初めての駅。駅からの道にはきれいな教会もあります。8番線だとChemin Vert(シュマンヴェール)の駅から10分くらい。

Paris Église catholique Saint-Ambroiseパリ・サンタンボワーズ教会

マレからちょっと東に外れたくらいの場所なので、東京でいうと池尻大橋くらいの感じでしょうか。適度におしゃれで、これからもっといいお店増えそう。BRUTOS並びのお店も素敵です。

料理はここ数年の流行、南米料理系でブラジル料理です。南米の料理は、パーっと明るく、すっきりしているけど香りが強い香草もガンガン使ってくる。アジア料理好きな人にはしっくりくると思う。タイ料理だけどバーベキューで肉たっぷり!みたいな感じ。

BRUTOS店内風景・カウンターキッチンと厨房を望む

ろうそくをともしてくれるのもロマンチック。実はこのキャンドル、受け皿がないんだけど、この後どうなっていくのか心配ですよね(笑)

BRUTOSブリュトス店内写真キャンドルナイトパリ

ちゃんとご飯を食べると、ラレレトゥールの1.5倍くらいの値段かな。でも、料理性が高くって、すごく満足できるはず。フランスらしい、熟成した味の濃いお肉を噛み締めながらワイン楽しみたいならこのお店がおすすめ。パリで食べられるコートドブッフの中ではかなり上位。ここかBIDOCHEかな。

BRUTOSブリュトス・メニュー写真

スポンサーリンク

ある初夏の日の料理

ホワイトアスパラのロースト マテ貝のタルタル

BRUTOSブリュトスホワイトアスパラガス(ブラジル料理)料理写真

前菜のホワイトアスパラはマテ貝や紫玉ねぎ、コリアンダーやイタリアンパセリ、松の実なんかものせられてて、すごくそそる。あっさりとしたアスパラに貝を合わせるって発想は初めて。だいたいここは生ハムか卵の出番なんだけど、すごく楽しい。アスパラって緑っぽい味なので、貝とか青魚との相性もいいんですよね。

グリーンアスパラのソテー グリビッシュソース

BRUTOSブリュトスグリーンアスパラガス(ブラジル料理)料理写真

グリーンアスパラも美味しかったなぁ、軽くグリルしたやつにグリビッシュソース(卵のタルタルソース)を添えてる。ディルとかエストラゴンみたいな華やかな香草を合わせているんだけど、それが美味しい。すごく軽いからあっという間に食べちゃって、奥さまがもう一皿食べたいって言って追加しました(笑)このときは僕はイタリアの方のシャルドネをもらってたかな…

コートドブッフ50日熟成 チュミチュリソース

BRUTOSブリュトス(パリ)コートドブッフ牛ステーキ(ブラジル料理)料理写真

メインでは50日熟成のコートドブッフと、アニョーのクレピネット。

アニョーのクレピネット

BRUTOSブリュトス(パリ)仔羊・アニョーのクレピネット(ブラジル料理)料理写真

クレピネットはひき肉を網脂で包み込んで焼く、ハンバーグっぽいやつです。クレピネットは、うーん、それほどでもなかったんだけどコートドブッフが素晴らしく美味しい。50日程度熟成しているのでしっかり肉の風味が詰まってる。ラレレトゥールはソースが重いんだけど、このお店のチュミチュリソースは軽いし、いくらでもお肉食べられると思うくらい魅力的。

BRUTOSブリュトス(パリ)コートドブッフ牛ステーキ(ブラジル料理)料理写真

表面はガリっと焼き上がっていて、赤身のところや、脂身で感じる熟成香がめっちゃそそる。サービスの人おすすめの、グルナッシュとメルローの微発泡した赤ワインもらったんだけど、めっちゃ合ってた。このひと切れでワイン一杯いけるくらいの味の濃い肉、思い返すだけでも最高。

BRUTOSブリュトス(パリ)コートドブッフ牛ステーキ付け合わせ(ブラジル料理)料理写真

キャッサバ粉のローストも初めての経験で、不思議と食欲をそそる感じだったな。フレンチフライの揚げ具合も最高!

デザート:カイピリーニャのソルベ

BRUTOSブリュトス(パリ)デザートカイピリーニャソルベ(ブラジル料理)料理写真

デザートはソルベにしたんだけど、こちらはほどほど。パティシエさんがいるわけではなく、料理人が作っているデザートという感じ。カイピリーニャの組み合わせのデザート。組み合わせが面白くってさっぱりしてます。

スポンサーリンク

お会計は3人で234€(78€/人)

BRUTOSブリュトス(パリ)キャンドル内装写真

そんなこんなで、3人で行って、前菜3皿・メイン3人分(仔羊+コートドブッフ二人前)、そしてデザート2つとコーヒー二つ。お会計は一人78€でした。

BRUTOSブリュトス(パリ)会計伝票写真・値段

お店を出てみると、両隣のお店がまたにぎわっていて、元気だったらこっちでもう一杯行きたいけどまぁ、夜も遅かったのでこれにて解散。ごちそうさまでした。

BRUTOSブリュトス(パリ)外装近隣写真

先ほどのキャンドルはどんな感じに仕上がったのかと言うと…

BRUTOS店内キャンドル燃え尽きる一歩前

気にしないタイプなんですね。パリっぽいというか、ブラジルっぽいというか、素敵です。

スポンサーリンク

BRUTOS ブリュトス / コートドブッフが美味しいレストラン

5 Rue du Général Renault, 75011 Paris, フランス

+33 1 48 06 98 97

水~土 19時30分~23時00分 日 12時30分~15時30分 19時30分~22時00分 月火休み

最寄り メトロ⑨Metro Saint Ambroise徒歩3分 メトロ③Rue Saint-Maur徒歩4分

パリの肉レストランまとめはこちら

パリで行くべき肉レストラン

タイトルとURLをコピーしました