Netflix Emily in Paris (エミリー、パリへ行く)ロケ地まとめ1-1

エミリー、パリへ行くNetflixドラマ・映画

パリから帰国して1年が過ぎ、本当なら8月に友達の結婚式で渡仏するはずが、いろいろな状況が難しいので行けず・・・寂しいなぁと思っていたらめっちゃ素敵な映像を届けてくれるドラマが始まったので、これはぜひ、皆様にもお裾分けしたいと思ってまとめました。お楽しみ頂けると幸いです!

全話まとめはこちら。

スポンサーリンク

エミリー、パリへ行く- Emily in paris について

2020年10月2日から全世界配信された「エミリー、パリへ行く」は旅行が難しい2020年においてパリへと想いを馳せる素敵な映像に溢れています。

私もまだ見始めたばかりなのでストーリーの詳細はわかっていませんが、Netflix公式によると

シカゴでマーケティングの仕事に励んでいたエミリー・クーパーは、思いがけずパリで念願の職を手に入れ、仕事に恋に友情に全力投球の夢の海外生活を開始する。

制作は「SEX AND THE CITY」のチームが手掛けていて、ファッションや街中のロマンチックなシーンも見所だとか。見始めたら思わずパリが懐かしくなる、もしくは行きたくなるドラマです。ロケ地も結構まとまってるので、もし旅行に行った時には、ロケ地巡りも楽しそう!

では、ドラマのタイムラインに沿って場所を見ていきましょう。

00:04:20 エミリー、パリに到着

いかにも、なパリを紹介という感じでしょうか。シャルルドゴールでもオルリーでも、このルートを通ってアパートに向かうのは難しいですが、今回は「おお!おパリ!」ってことを伝えたい映像ですね。

エイミーパリへ行く
リヴォリ通りを西へ
エイミーパリへ行く
セーヌ川と ブルボン宮殿(下院)
シャンゼリゼ通り「マルリーの馬」
エイミーパリへ行く
凱旋門
オペラ・ガルニエ宮

00:05:00 エミリー、新居に到着 エストラパード広場

自宅前、噴水のある広場 エストラパード広場/Place de l’Estrapade

パリには名もなき素敵な公園がたくさんあります。ちなみに噴水は、パリに上水道が整備された時に「溢れんばかりの水がある近代都市」の象徴として作られたものが多いとか。19世紀後半のオスマンによるパリ大改造の頃の話です。現在のパリでは道路に水を流して掃除しますが、かつてはこの水を飲んでいたそうです。

エストラパード広場/Place de l’Estrapade

最寄り駅:⑦Cardinal Lemoine駅 [RER線]Luxembourg

近くのおすすめ
リュクサンブール公園:いつの季節に行っても気持ちいい公園。中にはフランスの貴族院もあります
マルシェ・モンジュ:小規模ながら質の良いマルシェ(→マルシェ記事)
グランモスク:完全にヨーロッパを離れたような美しい世界

00:06:00 エミリーのアパート 1 Place de l’Estrapade

エミリーの新居からパリの街並みを 1 Place de l’Estrapade

さすが駐在員、とってもいい場所です。パンテオンとリュクサンブール公園がすぐ近く。最寄り駅は下の図の右の方にあるCardinal Lemoine(カルディナル ルモワヌ)という駅。2016年の情報なので、もっと高くなってるはずですが、35平米の平均家賃が1180€、日本円で147,000円(1€=124円で計算)というエリアです。もっと広い部屋に見えるので、20万以上の部屋かも知れません。写真の建物の最上階、ちなみに1776年竣工なので築244年。

パリの最寄り駅別家賃マップ / Crédits : StreetPress

エミリーのアパート 1 Place de l’Estrapade

最寄り駅:⑦Cardinal Lemoine駅 [RER線]Luxembourg

近くのおすすめ
サンテティエンヌ・デュ・モン教会:観光客は多くないけど、とても構造やステンドグラスも美しい教会
Joe burger:フランスは牛肉旨いのでバーガーも美味しいんです。ここはバンズがブリオッシュで少し甘くておすすめ
Le Piano Vache:すっごく雰囲気の良いライブバー。ジャズが好きならぜひ

00:07:43 SAVOIR/サヴォワールへ初出勤

SAVOIRのオフィス 9 Rue des Bons Enfants, 75001 Paris, フランス

オフィスの場所もいい場所、パレロワイヤルや、ルーブル美術館のすぐ近くです。日本人でパリ三ツ星を獲得した小林圭シェフのRestaurant Keiもこの辺りです。到着した当日にオフィスへ行っちゃう気持ち、わかります。僕も渡仏当日に働く予定のレストランに挨拶に行って驚かれました・・・

エミリーの勤務先:Office de SAVOIR

最寄り駅:①⑦パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅

近くのおすすめ
Restaurant LUMEN:パリのイタリアンで一番美味しいのはここ。シェフは日本人で元solaの副料理長です
E.DEHILLERIN:キッチン用品店。銅鍋や銅製カヌレ型などを買いたいプロにおすすめ。パティシエ向けのパリガイドはこちら
カフェLe Nemours:アンジェリーナ・ジョリー出演の「ツーリスト」にも出てきたこのカフェのテラスで泡休憩とか素敵です

00:13:40 ポンテザールから彼に電話

ポンデザール(Pont des Arts/芸術の橋)から見る夕暮れ。

パリのセーヌ川沿いから見る夕暮れは本当に綺麗です。もう少し西のアレクサンドル三世橋辺りからだとエッフェル塔も一緒に見えるので、それもまた美しくておすすめ。

Pont des Arts ポン・デ・ザール

最寄り駅:⑦ポンヌフ駅

近くのおすすめ
マザラン図書館:ほんとうに美しい図書館。無料でも使えます。
アレクサンドル三世橋:ちょっと散歩したかったらぜひ、川沿いを下ってみてください。夏の明るい夜なんか最高
カフェ・ド・フロール:パリで最も歴史あるカフェの一つ。日本人のサービスマンも一人いらっしゃいます。

00:15:40 La Boulangerie Moderne 朝ごはんにパンオショコラ

家の近くのブランジェリー La Boulangerie Moderne 

パンオショコラがとっても美味しかったブランジェリーはエミリーの家から歩いて1分くらい。パリは本当にパン屋が多くて美味しいところがめっちゃ多い。このお店は2019年のガレットデュロワコンクールにも入賞しています。

La Boulangerie Moderne

最寄り駅:⑦Cardinal Lemoine駅 [RER線]Luxembourg

近くのおすすめ
セバスチャン・デガルダン:しっかり重たいタイプで美味しいケーキといえば、デガルダン。詳しくはこちらにも
メゾン・イザベル2019年のクロワッサンパリ一位。お店に行くといつでも焼きたて買える人気店。

00:18:42 パレロワイヤル庭園でランチ

パレロワイヤル庭園 Jardin du Palais Royal でランチ

町の真ん中に、ゆったり噴水を囲める公園があって老夫婦も語り合ってる、なんて本当に「働くために生きるんじゃなくて、生きるために働いている」フランス人って感じがしますよね。公園の外側を囲む建物にはCafé Kitsuneやギャラリーなども並びます。

パレ・ロワイヤル庭園 

最寄り駅:①⑦パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅

近くのおすすめ
カフェキツネ:あのKitsuneだからお洒落だし、美味しい!
パッサージュ・ギャルリー・ヴィヴィエンヌ:インスタ映えるガラス屋根付き商店街
Épices Roellinger – Paris:三ツ星シェフが始めたスパイス店
Café Verlet:古き良きパリの珈琲店、二階で飲食可能

00:22:10 終業後にカフェへ Le Flore en l’Île

セーヌ川沿いのカフェ、Le Flore en l’Île

このお店は景色が良くて有名なカフェ。2019年に火事にあったノートルダム寺院の裏側に位置します。ここでは有名なBerthillonのアイスクリームも食べられるとあって、ドラマの中でも食べている人がいましたね。

Le Flore en l’Île

最寄り駅:⑦ポン・マリー駅

近くのおすすめ
ベルティヨン:アイス好きならぜひ!桃丸ごとのピーチメルバとか、どれもおいしい
Au Vieux Paris d’Arcole:奥さまと何度か行ってたカフェ。ちょうどよくお洒落で、休憩にぴったり
Laguiole cutlery:パリで一番ラギオールが買えるのがここ

スポンサーリンク

第一話はここまで

この後、自宅に戻って眠ったエイミーですが、深夜3時にシカゴからの電話で起こされるという悲劇。シカゴとパリの時差は7時間、パリと日本の時差(8〜9時間)と同じくらいですね。働いていると、なかなか難しい時差です。最後にもう一度地図を復習しておしまいにしましょう。

ぜひ、パリに旅行へ行くときの参考にしてみてくださいね。ちなみにアイキャッチ画像に使っているエッフェル塔の夜景はトロカーデロのシャイヨー宮から撮影した写真です。エッフェル塔の全景を見たいなら、シャンドマルス公園よりも断然こちら側。日没以降の毎時00分にスパークルするのを見に行くのがおすすめ。

では、明日また2話見たらまとめます。今日はここまで、おやすみなさいありがとう。

タイトルとURLをコピーしました