いつ行っても満足があるパリのビストロ Les Enfants Rouges

今日は僕が友達を連れて行っている回数パリで一番のレストランのご紹介。

レザンファンルージュは本当におすすめです。

google
google

必ず美味しい Les Enfants Rouges

このお店、レザンファンルージュはスープストックの遠山さんが紹介していたのをきっかけに知り

フランスに越してから、ことあるたびに行っています。

 

パリで、常に美味しいレストランって少ないです。

食材の質もいつも同じではないし頼んだ食材と別のものが納品されることもありますし。

タコを頼んだのに、イカが来たり、サバを頼んだのに、アジが来たり

頼んでいないコートドブッフが納品されたり(笑)

 

でも、そんな中、こちらの篠塚シェフはいつも必ず美味しいものを出してくれます。

こちらに来た友達を連れて行った回数は数知れず。

フレンチ食べ過ぎて疲れていても大丈夫。このお店のごはんなら食べられます

食前酒にフランス産の日本酒 Guishu

早く来すぎたので、先に何か飲もうかと思ってメニューをめくるとなんとフランス産の日本酒が。

ちょうど着いた友達と一緒に日本酒をいただきます。

僕はドライな方、友達が甘い方。シャルキュトリーの盛り合わせも。

ドライな日本酒はワインに近いあっさりした飲み口。

個人的にはもう少し強い方がいいけど

これくらいがフランス人に受けるかもしれません。

 

甘い方も少し味見。

こちらはみりんみたいな味でした。

ライムたっぷりのセビーチェやチョコレートなどと合わせても美味しそうです。

 

シャルキュトリーは鴨ロース・チョリソー・ソシソンの三種類。

どれも美味しかったなぁ。

と、飲んでいたら遅れてきた友達も登場。さっそく頼むことにしましょう。

アミューズはコーヒーとグリーンピース

アミューズはコーヒーのゼリーと

プチポワ(グリーンピース)のムースにピマンデスペレッド(唐辛子)。

豆同士だからか、意外とよく合います、不思議です。

スズキのマリネと柑橘とズッキーニのタルタル

僕は前菜にスズキのマリネをいただきました。

月曜日は魚が入らないので魚を頼むのは勧めないのですが

このお店だったら頼めます。いい状態に熟成させているはずです。

 

柑橘とズッキーニのサラダと一緒に食べると

ちょうどいい感じに脂ののったスズキが美味しいです。

添えられているソバの実が食感と香りのアクセント。

 

焼いたアボカドと合わせたり、薄く切ったズッキーニと食べたり、楽しいお皿です。

途中でお酒がなくなったので、スズキからリードヴォーまでカバーできるワインをお願いしました。

ジュラのしっかりした白ワイン。

メインは篠塚シェフのスペシャリテ!リードヴォー

メインはシェフのスペシャリテ、リードヴォーが用意できると聞いたのでそちらを。

リードヴォーって日本にあまり入らない食材で仔牛の胸腺です。

成長期に他のリンパ組織に対して成長促進ホルモンを分泌する

(といわれているが詳しくは明らかではない部位)

 

美味しかったです。

リードヴォーってけっこう高い食材なのですが

あまりおいしいものを食べたことがありません。

ゴムみたいだったり、火の通りが均一じゃなかったりするのです。

 

初夏のジロール茸と一緒にいただきました。

このキノコも美味しいんです。

滋味のかたまりというか、理想的なうまみのキノコ。

ちょうどいいくらいにおなかいっぱいです。

デザートまでくまなく美味しい

デザートはモモとミントのスープとバニラのアイス

上にのっているのはオレンジのチュイルです。

 

あっさりしすぎず、少しマリネされたモモの酸味も美味しかった。

ここはデザートまでいつも美味しい。

 

話が合いそうだと思ったお二人が思った以上に盛り上がったのでコーヒーを頼みました。

クッキーまでおいしかったな、すごい。

すっかり長くなり3時半。

お昼から3時間くらい話していたんですね、びっくり。

いつも本当にありがとうございます。また来ます。

google

Les Enfants Rouges レザンファンルージュ

9 Rue de Beauce, 75003 Paris

01 48 87 80 61

営業時間 12:00 – 14:00 / 19:00 – 22:00

火曜から木曜お昼が休み

日本語で予約できますし、サービスの方もみんな日本の方です