【速報】日本人シェフ2019年フランス全土・ミシュラン獲得レストラン11軒|フランス版

まとめ

2019年のミシュラン、フランス版も発表になりました。

この記事ではフランス全土、パリ以外をまとめています。

主なニュース

新しい三ッ星は二軒、

南仏の「Mirazur」マウロ・コラグレコシェフは2018年世界ベストレストラン4位、

満を持しての三つ星です。

スイスに近いレマン湖近くのアヌシー「Clos des Sens」ローラン・プチシェフ。

2008年に二つ星を獲得して以来11年ぶりの昇格です。

あの三ッ星レストラン、パスカル・バルボシェフの「L’Astrance」が三つ星から二つ星へ、

という事件もありました。

パリのミシュラン三ツ星レストランについてはこちらにまとめています。

パリの日本人シェフレストランについてはこちらにまとめています。

パリには、昨年比で8つの星が増えました。

リヨンでも、日本人シェフが新たに星を獲得されたので、フランス全土で星38個です!

(パリ2つ星2軒+1つ星21軒・地方2つ星2軒+1つ星9軒)

新しいミシュラン日本人シェフ

リヨン La Sommelière 菊池たかふみシェフ

おめでとうございます。

こちらのお店もサンヴァランタン村に本店を持つ、Au 14 Févrierグループです。

これでAu 14 Févrierグループは5つ目の星、なんとも素晴らしい出来事です。

移転後の一つ星

ディジョン L’Aspérule 木村圭吾シェフ

Auxerreにあった木村シェフのお店は残したまま、木村シェフはディジョンへ移り

再び一つ星を獲得されました。

おめでとうございます!

オーセールに合ったお店は、現在も営業していて2019年はビブグルマンに掲載されています。

日本人シェフリストの使い方・レストランの探し方

さて、日本人シェフレストランの一覧ですが、目次からご参照されるとスムーズです。

ミシュランから借りた料理の写真・1人当たりの値段の目安も載せているので参考にどうぞ。

シェフのインタビュー記事リンクも書いているので、そちらを読まれても面白いと思います。

こちらの地図もご活用ください。

(二つ星のいいマークがなかったので、風船が二つ並んでいるのが二つ星のマークです)

営業時間に関して

フランスの営業時間は最終入店時間を示します。

星つきのレストランは基本的にコース料理なので、入店可能な時間は短いです。

そこから三時間ほどのコースが始まるので

日本の営業時間で数えると昼で3時間、夜で5時間ほどになります。

スポンサーリンク

二つ星

去年二つ星に昇格されたボジョレーのサンタムール村のAu 14 Février(浜野雅文シェフ)、

そしてリヨンのTakao Takano(鷹野孝雄シェフ)も星を維持されています。

Saint-Amour-Bellevue Au 14 Février オウ・キャトーズ・フェブリエ 浜野雅文シェフ

https://restaurant.michelin.fr/

2013年にオープンして、2018年に二つ星を獲得したレストラン。

実は、2月14日というロマンチックな名前のレストランは、フランス全土に4店舗、

そして聖バレンタイン村に本店を持つ日本人料理人のグループです。

(リヨンの2店舗目は今年一つ星を獲得したLa Sommelière)

海外で5つの星を獲得している日本人グループは彼らだけではないでしょうか…すごいです。

その中でも最高の二つ星を持つお店がボジョレーのSaint-Amour-Bellevue村の浜野シェフ。

直訳すると「聖なる愛・美しい景色」という名前がまたロマンチック。

コースの値段は65 € と 120 €です。

お会計は昼夜問わず、100€から、という感じでしょうか。

浜野シェフもFoodionのインタビューを受けています。

後悔するのは選んだ道で失敗するからです。選んだ道を失敗しないためには死ぬほど努力するしかありません。または、失敗しても続けるしかないです。あっちをやればよかったと思うのはこっちの努力が足りないのだと思っています。

「パリで食べられるものをここでやる必要はない」という思いに至りました。
独自性が大事です。パリのレストランで提供されているような料理をあえて目指す必要はないと思っています。この地にいると雑念が入らないのでいいです。

お客様からは、「美味しかった」と言われるよりは、「楽しかった」と言われたいです。「いい時間を過ごしたよ」と言ってもらえるように日々努力しています。

(Foodionより)

金~月12:00-14:00 木~月 19:30-21:00

火水・木曜の昼が休み

03 85 37 11 45

Le Plâtre-Durand71570 Saint-Amour-Bellevue

TGV Gare de Mâcon-Loché 車で10-15分

ミシュランガイド

Lyon Takao Takano タカオタカノ 鷹野孝雄シェフ

https://restaurant.michelin.fr/

2018年から二つ星なので2年目ですね。

2011年に一つ星、一度失って2013年に再度獲得してからの2つ星が素敵です。

コースの価格は40 € から 120 €。

お会計は、お昼で65 €、夜だと180 €くらいでしょうか。

afp通信の記事もおすすめです。

「働かせてほしい」という言葉は、タカ氏が当時、唯一、覚えたフランス語だったという。「最初は理解できないことだらけで、いつも観察してばかりいました」

「完璧主義者」と自認するタカ氏の弱点は、いまだにレストランで注文ができないことだという。

(AFP通信  2011/1)

月~金 12:00-13:30 19:30-21:45

土日休み

04 82 31 43 39

33 Rue Malesherbes, 69006 Lyon

TGV Gare de Lyon Part-Dieu駅 車で10-20分

ミシュランガイド

スポンサーリンク

一つ星

木村圭吾シェフのラスペリュールはオーセール時代に行きました。

素直においしいし、本当に素敵な人柄だったので、移転後の星獲得もうれしいです。

もともとのお店も、オーセールの人たちに愛されているので、そこを残したうえで

もう一店舗に踏み切ったのも男前ですよね…

オ・キャトルズ・フェブリエ(リヨン)の新居剛シェフは本田直之さんの本でも「デメリットをメリットだと考えられるか」という話をしています。

Dijon L’Aspérule ラスペリュール 木村圭吾シェフ

https://restaurant.michelin.fr

2014年4月にオープンし、2015年にオーセールで一つ星を獲得したものの、

さらに上を目指すために広いお店を探して、ディジョンへ移転し、一つ星。

あと2、3年で二つ星を取るかもしれませんね、そのための移転だし。

コースの値段は35 € から 105 €です。

お会計はお昼が55 €、夜が130€から、という感じでしょうか。

木村シェフのインタビューはOvniがおすすめ

今の物件を探している時期のインタビューです。

レストランへ行くのが好きで自分でも行きますが、お客さんの立場になって考えた時に料理人の哲学なんてものは必要ないと思います。僕は家族で楽しく、美味しいものを食べて、機嫌よく帰りたいだけです。そこに料理人の「俺は」というものは必要ないと思っています。

僕にとっての料理はほぼ全て、人生の全てですね。これしかやってこなかったですし、これしか考えてこなかった。

僕の料理には大義とかメッセージはないと言いたかったんです。そんな大それたことは考えていません。ただ自分が好きで楽しんでやっていることで、お客さんが喜んでくれれば僕は幸せだと。

(Ovniより 2016/3)

火~土12:00-13:30 19:30-21:00

日月休み

03 80 19 12 84

43 Rue Jean Jacques Rousseau, 21000 Dijon

TGV Gare de Dijon駅 車で12-18分

ミシュランガイド

Valence La Cachette ラ・カシェット 伊地知雅シェフ

https://restaurant.michelin.fr/

2005年にオープン、2009年に星を獲得されているので、現在11年目。

現在フランスの地方で最も長く星を持っている方です。

コースの値段は30 € から 65 € です。

お会計はお昼が50 €、夜が100€から、という感じでしょうか。

伊地知シェフもOvniのインタビューがおすすめです。

二軒目としてやっていたビストロを閉めた時期のインタビュー。

どんなに小さくても今ある空間の中で最高のサービスができるように高めていったほうがいい。まさにそうだと思うし、自分も今の店でそれができればいいと思っています。

私は料理をしていてやっぱり楽しいと思うし、食べても楽しいと思っています。自分という人間の中での大きな楽しみです。その自分にとって大切なものを子供達にも伝えていきたい。

(Ovniより 2016/07)

火~土12:00-13:15 19:45-21:15

日月休み

04 75 55 24 13

16 Rue des Cévennes, 26000 Valence

TGV Gare de Valence Ville駅 車で5-7分

ミシュランガイド

Cancale La Table de Breizh Cafe ラ・ターブル・ブレイズ・カフェ 久高章郎さん

https://restaurant.michelin.fr

2013年に星を獲ったので、もう7年目の1つ星。

コースの値段は38 € から 75 €です。

お会計はお昼が60 €、夜が100 €から、という感じでしょうか。

久高シェフの日本語インタビューが見つからなかったのでフランス語の動画をどうぞ。

また、星獲得の際には在日フランス大使館からのリリースも出ています。

フランスの食材を使って、日本の料理を作っているので新しいレシピを作って

それをおまかせコースなどで出していくことは喜びであり、幸せです。

オープンキッチンだから、お客さんの好みも見られる。

少し少なめに、とかいろいろね。

(AFP通信 2013年 拙訳)

水~日 12:00-13:30 19:30-21:00

月火休み

02 99 89 56 46

7 quai Thomas35260 Cancale

TER La Gouesnière – Cancale – St Méloir des Ondes駅

車で12分 もしくはTGVのサンマロからバス30分

ミシュランガイド

Saint-Valentin Au 14 Février オウ・キャトーズ・フェブリエ 金谷 淳シェフ

https://restaurant.michelin.fr/

こちらがAu 14 Févrierグループの最初のお店。

2005年にオープンして、2011年からミシュランの一つ星です。

地方の人口280人の村に日本人が一つ星を運んで来たってすごいですよね。

村長さんのご自宅で忘年会をされているのも、さもありなん…という感じです。

コースの値段は65 € と 92 €です。

お会計は昼夜問わず100€から、という感じでしょうか。

ヴァレンタイン村に帰りました。

フランスに来て4年、初めてフランスの大西洋側に行きました。
北や南とは違う景色が見れましたし、『La Marine』は素晴らしいレストランでした。

この度はレストランを閉めて見聞の機会をくださり、誠にありがとうございました。

こうしてフランスで感じたことを大切に、これからの人生に役立てていきたいと思います。

金谷

お店のブログより)

木~日12:30-13:30 水~土 19:30-21:00

日夜から水昼まで休み

02 54 03 04 96

2 Rue du Portail, 36100 Saint-Valentin

TER  Issoudun駅 車で12-20分

シャトルー・サントル空港から車で16―25分

ミシュランガイド

Reims Racine ラシーヌ 田中一行シェフ

https://restaurant.michelin.fr

2017年に星を獲ったので、もう3年目の1つ星。

シャンパーニュの有名なランスのレストランです。

コースの値段は 45 € から 100 €です。

お会計はお昼が70 €、夜が150€から、という感じでしょうか。

ダイナースクラブのイベント時のインタビューが上がってます。

同じような料理じゃなくて、すべてにおいてほかのレストランにおいて出来ないことをやりたい。

全ての食材が僕の頭の中ではソースなんですよね。

一番大事なのはお客さんと同じ目線で料理ができる、料理で会話できることだと思います。

(Youtube Miele Japanより 2016/8)

金~月 12:15-13:30 木~月 19:15-21:00

火水・木曜のお昼が休み

03 26 35 16 95

6 Place Godinot, 51100 Reims

TGV Gare de Reims駅 車で7-12分

ミシュランガイド

Lyon Au 14 Février オウ・キャトーズ・フェブリエ 新居剛シェフ

https://restaurant.michelin.fr

新井シェフはサンヴァランタン村のAu 14 Février時代にも星を獲得してるので、

すでに2つの星を獲得した経験をお持ちです。

コースの値段は 92 €。

お会計は昼夜とも130€から、という感じでしょうか。

新井シェフのインタビューはエスコフィエ協会のPDFが良かったです。

経営的にも、お客様に応える意味でも、もう少し規模を広げることが望ましいのですが、お得意様に喜んでいただくことが何より大切ですし、現在のスタイルを守ってリヨンで店を守っていきたいと考えています。

進む道を迷った時、本当に頼れるのは自分だけであり、人は自身の努力と経験の上に初めて己を表現することができるのだと気付かされました。

(エスコフィエ協会 会報より 2013/1)

火~土20:00-21:00 土曜のみ昼営業 12:00-13:00

日月休み

04 78 92 91 39

36 rue du Bœuf69005 Lyon

TGV Gare de Lyon-Perrache駅 車で12-20分

ミシュランガイド

Lyon<初>La Sommelière ラ・ソムリエール 菊池たかふみシェフ

https://restaurant.michelin.fr

2019年に「Au 14 Février」グループで獲った三つ目の星。

料理人の能力もさることながら、こうして異国で多くの人を雇っていることがすごいです。

コースの値段は72 €です。

お会計は昼夜ともに120€から、という感じでしょうか。

日本語のインタビューが見つからなかったので、LeMonde誌の記事をどうぞ。

最大12人のお店で、菊地シェフの和のニュアンスに重なる驚くような香りの料理、

そして長谷川ソムリエールによるワインの組み合わせも素晴らしい。

(Le Monde誌 2018/04 ※かなり意訳)

火~土 19:30-21:00 土曜のみ昼営業 12:00-13:30

日月休み

04 78 79 86 45

6 Rue Mourguet, 69005 Lyon

TGV Lyon Perrache駅 徒歩2分

ミシュランガイド

Fontainebleau L’Axel: ラクセル 後藤邦之シェフ

https://restaurant.michelin.fr

パリから電車で40分ほどのフォンテーヌブローにある後藤シェフのお店は2013年から一つ星。

コースの値段は33 € から 101 €です。

お会計はお昼が50 €夜だと160€から、という感じでしょうか。

後藤シェフはCHEF AGENCYのインタビューがおすすめ。

人生を進んで行く上で大切にしていること。それは、「人生はタイミングだ」ということです。どんなに努力をしても、タイミングをつかめなければ前へ進めません。

「渡仏する」「有名店に移る」「空き物件が出る」。そのタイミングが訪れた時に、つかんで諦めないことです。

ただ、何かをつかみたければ同時に、何かを手放すこと。私自身、日本を手放したから、手に入れられた経験や場所があると確信しています。

そして、妻のヴァネッサも同様です。2人で店を作るにあたり、彼女は料理人だったにもかかわらず、その立場を手放して、表に立つことを選んでくれました。『L’Axel』は2人でつかんだ場所です。

(CHEF AGENCYより 2017/4)

木~日 12:15-14:00 19:15-21:30

月火と水曜日の昼が休み

01 64 22 01 57

43 Rue de France, 77300 Fontainebleau

TER Fontainebleau Avon駅 車で10-15分(バスあり)

ミシュランガイド

Marly-le-Roi Le Village ル・ヴィラージュ 宇井土智廣シェフ

https://restaurant.michelin.fr

2001年にオープン、2011年から一つ星を維持しているので9年目です。

コースの値段は 40 € から 240 € 。

お会計はお昼が60 €、夜は80 €から、という感じでしょうか。

宇井土シェフはOvniのインタビューがおすすめです。

たとえどんなに有名になろうとも、お客さん一人一人が支えてくれるから今の自分がいる、と言うことは忘れちゃダメですね。

僕にとっての料理…
切っても切れない、切りたくてもつきまとっているものです。別に切りたいと思ったことはないけれど、ふと気づくと必ず頭の後ろに料理がいるんですよ。夜もハッと起きたりする。

ここで一生懸命やります。調理場にいるのが好きなんです。この先どうなるかはわかりませんが、やっぱり自分の手が動くうちは仕事をしていたい。

(Ovniより 2016/2)

火~金  12:30-13:30 火~土 19:30-21:15

日月・土曜の昼が休み

01 39 16 28 14

3 Grande Rue, 78160 Marly-le-Roi

L線 Marly-le-Roi駅 徒歩6分

ミシュランガイド

パリ市内のミシュラン日本人シェフリストはこちら

パリ市内を見る

パリ市内のおすすめレストラン10軒と150軒のレビューはこちら

パリ市内を見る

タイトルとURLをコピーしました